fbpx

日本の食文化に親子で感動!? 体温める味噌づくりに挑戦

温育アンバサダーのブログ

温育をはじめてから味噌汁を飲むことが習慣となりつつ我が家。大人は毎日お味噌汁がないと落ち着かない日々となりました(笑)。今では冷蔵庫に味噌を2~3種類は常備しているほど味噌にハマっています。

子どもたちはと言うと、まだ習慣化された、とまではいっておりませんが、長い目で付き合っていけたら良いな~、と思っています。

みんなで楽しく100キロの味噌づくり体験

親子で味噌づくりができるワークショップがあると知って、2月、小学生の娘と一緒に参加してきました!何より、私が味噌づくりをやってみたいという願望から参加したのですが、味噌づくり体験を通して、娘が興味を持ってくれたら嬉しいな~という想いがありました。

みんなで100キロ分の味噌を作ったので、材料も作業も規定外(笑)

一つ一つの手作業は大変でしたが、作り方はいたってシンプル。

大豆を茹でて、潰して、こうじと塩を混ぜて、味噌玉を作って、容器に詰めて、

そして夏を超すまで置いておく。おいしい味噌が出来上がる。

日本の食文化ってすごいですね。

菌たちが力を合わせておいしい味噌へ作り変えてくれる

大豆から味噌ができるまでの工程、どうやって味噌ができるのか、発酵の話など、子どもでも分かるように詳しい説明付き。

春、夏、秋、冬とその季節によって活躍する菌が変わるんだそうです。

「その菌たちが力を合わせて大豆をおいしい味噌に変えてくれる」という話を聞いて改めて味噌の良さ、発酵食品の良さを知ることが出来た貴重な体験となりました。

五平餅にお味噌汁、味噌こんにゃくと味噌づくしのお昼ご飯を堪能!

今回は味噌づくりだけでなく、味噌づくしのお昼ご飯も頂くことができました!

メニューは、五平餅、味噌汁、味噌こんにゃく、味噌付き野菜スティックと、味噌一色!!

娘もお味噌汁はあっという間に完食していました^^

五平餅は竹串から手作りしました!

娘と作った味噌を食べる日を楽しみに味噌で温育♪

今年の冬には、押入れで眠っている味噌がきっとおいしく発酵されているはず!

その味噌で味噌汁を飲むことが今から楽しみです。

シンプルな材料なのに、おいしくて体に良い食物が出来るなんて、本当に味噌ってすごい!(笑)

温育をはじめてから味噌にハマっている私^^

これからも味噌で温育を続けて、気が早いけど、また来年には二代目の味噌を作りたいと思います!!

(了)

著者名 mayumi(温育アンバサダー)
2児の母。最近の悩みは、娘たちを寝かしつけるために読み聞かせをするけど、いつも私が先に寝てしまうこと。マイブームは花の鉢植え。花の成長を観察するのが日課です。

ピックアップ記事

関連記事一覧