fbpx

食材の見分け方を知ろう~身体を温める食材&冷やす食材

温育ビューティー薬膳のススメ

薬膳コンシェルジュの加藤和歌子です。冷え性という同じ悩みをもつ私の体験談、改善方法などみなさんと一緒に共有することでライフスタイルを見つめ直しませんか? 今回のテーマは食材の見分け方です。

食材のもつ5つの性質

薬膳の考え方の一つに「食材の五性」があります。五性とは、その食材が体を「温める」性質のもの、「冷やす」性質のもの、また温めも冷やしもしない「平性」のものを含め、5つに分類されるという考え方です。

  • 温性、熱性…体を温める食材。内臓が温められることで体が活性化し、血液循環がよくなるので、気力、体力がアップします。冷えを取り除く効果が高いので、冷え症の方は積極的に取り入れましょう。
  • 涼性、寒性…体を冷やす食材。体の炎症を抑え、熱を冷まし、利尿や解毒の働きがあります。鎮静効果もあるので、のどの渇きや夏バテなどに効果的です。
  • 平性…冷やしすぎず、温めすぎず作用が穏やかな食材。消化、吸収がしやすいものが多いのが特徴です。

具体的な食材例

温・熱性の食べ物 生姜、シナモン、山椒、にんにく、羊肉、鶏肉、エビ、もち米、黒砂糖、栗、八角、長ねぎ、くるみ、ニラ、トウガラシ、紅花、マグロ、桃、コショウ、紅茶など。

寒・涼性の食べ物 冬瓜、ナス、小麦、ごぼう、大根、きゅうり、トマト、豆腐、白菜、バナナ、梨、柿、そば、緑茶、塩、白砂糖、小麦、ハトムギ、ニガウリ、カニ、あさり、わかめなど

平性の食べ物 米、トウモロコシ、大豆、ジャガイモ、サツマイモ、黒きくらげ、シイタケ、ハチミツ、長いも、卵、クコの実、ニンジン、ナツメ、豚肉、キャベツ、ブドウなど

食材の採り入れ方について

基本はその季節の旬の食材を意識しましょう。夏の暑い日には涼性・寒性のものを多めに採るなど旬のものを食べるようにしていれば問題ありません。夏のクーラーで体が冷えたなら、私は緑茶ばかりでなく、紅茶に変えるなど、環境の変化にも対応しています。冷やす食材でも加熱することで冷やすのを緩和することができ、温める食材であっても生で食べれば体を冷やすこともあります。例えば体を冷やしがちな根菜類も、鍋やスープにしたら温性に傾きますし、生のフルーツもドライにすると温性になります。私も朝食は常温のヨーグルトに季節のドライフルーツを入れて食べています。 ただ、食材を選ぶときには 体を冷ます・温めるかだけではなく、水分代謝を高める食材か、または便通をよくする食材なのかなど、ご自分の身体の体質を見ながら総合的にみることが重要です。ゆるく、ざっくりと五性を取り入れて、元気に毎日を過ごしていきたいですね!

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:加藤和歌子(かとうわかこ) 薬膳コンシェルジュ

出産後の体調不良がきっかけで 自然療法の素晴らしさを学び、アロマ&ハーブ、中医学に目覚め、様々なスクールで学ぶ。市内の特養でアロマハンドケア、自宅で「アロマ&薬膳食講座」の開催、活動の幅を広げていこうと現在も勉強中。アロマで「香り」を、ハーブで「色」を 薬膳で「食」を、五感で楽しむワークショップを開催中です。AEAJアロマテラピーインストラクター、ハンドケアセラピスト、アロマブレンドデザイナー、JAMHA メディカルハーブコーディネーターを兼任。
▶︎薬膳コンシェルジュ 加藤和歌子さんの連載記事「温育ビューティー薬膳のススメ」はこちらをチェック。
▶︎加藤和歌子さんのブログ「wakatomonanakoのブログ」はこちら。
▶︎Facebookはこちらをチェック

ピックアップ記事

関連記事一覧