fbpx

朝一杯の白湯は子どもたちの習慣に。家族のための温育ライフ。

温育アンバサダーのブログ

こんにちは!
温育アンバサダーの石井です。
今年も、我が家が家族で取り組めるお手軽な温育ライフをご紹介していけたらと思っています。どうぞ宜しくお願い致します。

我が家の元旦は、家族全員で白湯からスタートしましたー!!

昨年末のクリスマスから、なにかとイベント続きで気をつけてはいるものの、子供達の食生活もいつもよりはハイカロリーなメニューが多くなってしまいがち…
大人は勿論なのですが、朝一杯の白湯はきっと体に沁み渡っているはずですよね。

子供達にも朝一杯の白湯をスタートし始めたのが、約半年前なのですが最も変化が感じられたのは5歳と3歳の娘達の味覚の変化でした。
私が冷たい飲み物が苦手なので、食事の際に用意する飲み物は常温又は温かいお茶だったのですが、子供はなぜか日常ではないものへの好奇心が強くて、冷たい飲み物を喜んだり、要求してきたりしていました。

娘達が率先して「温かい物」をリクエストするように

それが、朝一に白湯を飲むようになってからは、「温かいお湯は甘いんだね〜」「お茶も温かい方が美味しいなぁ」「牛乳もママ温めて〜」など、娘達から率先して飲み物へのリクエストが出るようになりました。そして、冷たい牛乳などは「からだがヒヤッとするから嫌だー」と言うようになり、今まででは絶対に言わなかったけれど、娘達も体が温まる心地よさを体感しているのだなぁと、ちょっと嬉しい気持ちになりました。

まだまだ小さい我が子達に、飲み頃の白湯を準備しておくのはなかなか大変なのですが、文句を言われつつも継続してきた甲斐があったなぁと、母の努力が報われた瞬間でもありました。
子供達が気に入ってくれると、私も勧めやすいし、気分良く朝食の準備を進められるので、この半年間は定着させる大変さはありましたが、これから家族みんなで目覚ましの白湯で1日がスタート出来るのは幸せだなぁと、母は勝手に感じております。
そんなこんなで、石井家の朝食は白湯からスタートして、和食でも洋食でも、自家製甘酒ヨーグルトを食べて、日々快調な生活を送っています。

子供達が元気に毎日を送れますように…

親として願うことは単純だけど、本当にこれに尽きます。
これがいいかも、あれがいいかも…親だから子供の為に色々考えて日々試行錯誤しますが、その中でも温育という考えはダイレクトに良い方に結果が出て、自分にもプラスで返ってきてくれるし、我が家にはなくてはならないものになりつつあります。

今年も、私の温育ライフで挑戦してみたいことや、継続するためにもう少しブラッシュアップしたいこと、色々あります。
皆さまに少しでもご参考になればいいなと、少しずつご紹介していけたらと思います。

混雑を避け、ようやく初詣にも行ってきました!
皆さまにとって、幸せな年になります様に。
我が家も平穏無事な1年になります様に。

(了)

前回の記事はこちら → 「疲労回復」には手作り甘酒がおすすめ。レシピも公開!

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:石井智子(温育アンバサダー)
千葉県柏市在住の娘2人&息子1人の母です。3人育児でてんやわんやな毎日を送っていますが、そんな中でも、家族の健康を守りたいという想いで温育をゆるーく継続しています。趣味は美容全般。1日1美容を心がけています。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧