fbpx

2人の少女の成長と愛に心が「温かく」なる映画

温育カルチャー

子どもから大人まで多くの人の心をつかんだ「アナと雪の女王」

前作「アナと雪の女王」が公開されたのは5年前。公開直後から爆発的な大ヒットを記録し、数々社会現象を巻き起こしました。「ありの~ままで~」と街中にあふれたあの曲。わたしもカラオケで散々歌いました……。 子どもから大人まで、多くの人たちの心をわしずかみにした“アナ雪”。子どもはエルサの変身シーンやキラキラとした衣装、ユニークで可愛いオラフや耳に残る曲など、外面的な部分に夢中になっていましたが、大人はそれにプラスして内面的な要素に心をつかまれていたように思います。

王子様不在のディズニー作品

従来の「囚われた(呪いをかけられた)お姫様をイケメンな王子様が助ける」という王道の物語を大きく覆したストーリー。なんたって前作では王子様が悪者なんですもん。びっくり。もう一人、続編の本作にも出てくるクリストフという男性キャラクターがいますが、大きな体と鼻。白馬でなくトナカイに乗って現れる山男……。イケメンには程遠い、3枚目キャラクターとして描かれています。そう“アナ雪”に従来の王子様はいないのです。前作、触れたものを全て凍らせてしまう力の強さに苦しんでいたエルサですが、彼女を救ったのは王子様ではなく妹のアナによる“肯定”。歌の歌詞にもあるように「ありのままでいい」のだと気づかされます。何かと周りに合わせたり、「こうでないといけない」という先入観や固定観念にとらわれやすかったりする現代、「ありのままでいい」というストレートなメッセージは多くの大人たちの心に強く響きました。さらに他人や男性の力には頼らず、自分たちの力と姉妹という家族の力だけで困難を克服していくアナとエルサ2人の姿に勇気をもらった女性も多いことでしょう。物語の最後、魔法によって氷漬けになってしまったアナを助ける唯一の方法は「真実の愛」。当時わたしは3枚目だけど誠実で優しいクリストフが、彼女のもとに急ぐシーンを見ながら「最後はやっぱり王道の流れにもっていくんだなぁ」と思いながら観ていたのを覚えています。しかし実際にアナを助けたのは彼女自身でした。

自身の心の傷や問題を解決できるのは、自分だけ

アナはエルサに対する真実の愛を示し、それを受け入れたエルサによって彼女の氷は溶けたのです。それまでは「傷つけてしまうかもしれない」「私が守らなくてはいけない」という思いからアナから意識的に距離をとっていたエルサでしたが、彼女の真実の愛を示せる強さを目の当たりにして「自分が守らなくてもアナは大丈夫」ということに気づき、それまで縛られていた思いから解き放たれます。自らの感情でもあったエルサの魔法。それまでは過剰に恐れ暴走してしまっていましたが、そのことに気づいてからは穏やかに魔法(感情)を操れるようになります。このラストを見た時には、ディズニーに新たなプリンセス像が誕生したと思いました。アナとエルサ、2人のお姫様は今まで王子様にすべて解決してもらっていたディズニープリンセスと全く異なるからです。クリストフはとってもいい男です。アナもクリストフのことが好きだし、クリストフもアナを愛しているし。でも、例え氷漬けになる直前、アナがクリストフを選び彼がキスをしても彼女は助からなかったでしょう。なぜなら、キスをされる=受け身だからです。自身の心の傷や問題を解決できるのは、自分だけです。それはアナもエルサも同じ。他人の誰かに代わりにやってもらえるようなことではありません。でも1人だけで全て解決しようとするのは、簡単なことではありません。そこで必要なのは自分の「代わりにやってくれる」人ではなく、自分のことを応援して受け入れてくれる人の助けです。恋愛、家族愛、友愛……様々な形がありますが、どんな愛も一方通行や依存ではなく、双方向になった時に初めて最大の力を発揮するのだと思います。このように前作のアナ雪では、王子様に頼らず自立し自らの力で解決していこうとする女性の強さを描き、「ありのままでいい」「そのままでいい」と肯定し肯定されることで真実の力を得ることができる、というお話でした。

第2ステージに踏み出した2人の姿を劇場で!

……ここまで前作について熱く語ってしまいましたが、今回のレビューテーマは「アナと雪の女王2」。どこから書こうかと思ったのですが、現在絶賛公開中なので、ネタバレが恐ろしくあらすじを書くことさえも弱腰になってしまいました……。未見の方は、ぜひ前作で描かれた物語の本質を頭に入れながら観に行ってみてください。アナとエルサ、お互いの愛に気づくことで心穏やかに楽しい日々を過ごせるようになった2人。この平和な日々がどうか変わらず、一生2人仲良く暮らしていけますようにとアナとエルサは願っています。しかし、「いつまでも」というわけにはいきません。誰にでも必ず変化は訪れます。就職や転職、引っ越し、結婚、出産……。人生は変化と選択の連続です。前作でアナとエルサの2人は自分を受け入れ、自ら生きる道を選びました。しかしこれも従来通りの「2人はいつまでも、いつまでも幸せに暮らしました……」では終わらないのが「アナと雪の女王」です。前作から3年後が舞台の本作。それぞれ大人になっていますが、アナもエルサもオラフも、いつまでも何も変わらずみんな一緒だと信じています。でもそれは、昔話の世界。「ありのままでいい」=「成長しなくていい」ということではありません。変化を恐れて成長はできません。前作で本当に自分のありのままを受け入れたアナとエルサは、第2ステージに踏み出します。1時間43分の中で、どんどん成長していく2人の姿をぜひ観てください。一歩踏み出す勇気をもらえることと思います。 あ!すっかり忘れていたクリストフ!彼も前作と変わらず素敵ですよ。物語の最初から最後までただひたすらアナに対して一つの想いを伝えるために頑張ります。頑張って頑張って、頑張りすぎたせいで、中盤、暴走して80年代のミュージックビデオを思わせる勢いで3分間ソロ熱唱します。ポカンとするか大爆笑するか……ぜひ観てみてくださいね。

アナと雪の女王2(2019年※公開中) 監督:クリス・バック、ジェニファー・リー 出演:イディナ・メンゼル(松たか子)、クリスティン・ベル(神田沙也加) ほか

あらすじ

大ヒットを記録し、日本でも社会現象を起こした前作から3年後のアレンデール王国が舞台。王国の人々と平和な日々を過ごしていたエルサだったが、ある日を境に彼女にしか聞こえない不思議な歌声を耳にするようになる。自分を呼んでいるその歌声に導かれ、エルサは自分の持つ力の秘密を解き明かすためや妹のアナとクリストフ、オラフ、スヴェンと共にアレンデール王国を越えて未知の世界へと冒険の旅に出ることに。アレンデール王国の遥か彼方にある謎めいた森や暗い海。そこには知られざる姉妹と亡き両親の過去の物語と、エルサの力の秘密が隠されていた。前作、アナとエルサの両親が危険を冒してまで旅に出た理由とは……。

(了)

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:yukigary
父母の影響で小さい頃から洋画を観まくる。爆発する作品は大体好き。俳優のゲイリー・オールドマンが3度の飯より好き。
▶︎yukigaryの連載記事はこちらでご覧いただけます。
▶︎そのほか、yukigaryのレビューは、こちらのFilmarksでもご覧頂けます。

ピックアップ記事

関連記事一覧