fbpx
  • HOME
  • TOP
  • Life
  • 人気温泉ランキングで16年連続首位!「草津温泉」の魅力を温育的角度からリサーチ。

人気温泉ランキングで16年連続首位!「草津温泉」の魅力を温育的角度からリサーチ。

Life

群馬県にある草津温泉は、旅行会社など旅のプロが選ぶ「にっぽんの温泉100選」で、なんと16年連続首位! 不動の人気を誇っています。渋谷や新宿から高速バスでアクセスできる手軽さもあり、若い人たちにも大人気。「湯畑ライティング」など町づくりに力を注いでいます。

そんな草津温泉の魅力を、温育的角度からリサーチ。「ゆけむりガイド」事務局長で、温泉観光士でもある長岐一(はじめ)さんにお話をうかがいました。

赤い帽子がトレードマークの長岐さん(写真左)

Q.自然湧出泉では日本一の湯量と聞きました。

全国に3100カ所ほどあるといわれる温泉地の中でも、ボーリングなどで手を加えていない自然湧出温泉としては日本一の湯量を誇ります。1分間に3万2000リットルも湧き出していますが、その半分ほどしか使い切れていないんですよ。

Q.泉質も多様とか。

そうなんです。主な源泉は、湯畑や万代、西の河原など6つですが、源泉自体は域内に100カ所ほどあって、全て泉質が違います。約5000年前に火山活動を休止した本白根山は、現在ハイキングコースになっていますが、その火山灰地層を通った地下水が湧き出しているのが草津温泉なんです。

どの時代の堆積地層から浸み出してくるか、湯脈によって30種類ぐらいの金属イオンの混じり具合が微妙に異なり、結果、泉質がそれぞれ違ってくるというわけです。

手前が「白旗の湯」、奥の「熱乃湯」は2015年にリニューアルされたばかり。

Q.冷え症にも効果はありますか?

泉質は主に、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉で、ph1.6〜2ぐらいの強酸性泉。殺菌力が強いのも特徴です。効能は、冷え症や疲労回復、健康増進、神経痛、筋肉痛など温泉の一般的な効能に加えて、皮ふ病やきりきず、やけど、慢性婦人病などに特に効果があるといわれています。

白旗源泉は659リットル/分と希少。

Q.草津ならではの「湯もみ」とは?

町内には共同浴場が19施設もあって、湯の温度は45〜48度と熱めです。でも熱いからといって水で薄めたりはしません。「湯もみ」をして温度を下げ、自然のままに入ってもらうのが原則。これが草津のおもてなしの精神でもあります。主な旅館などは湯守がいて、24時間体制で温度管理をしています。

Q.共同浴場は主に地域の皆さんが利用するのですね。

もちろん、たくさんの観光客の方に利用していただいていますが、地域住民にとっては大事なコミュニケーションの場にもなっています。

草津では一般的に、自宅に風呂場を作らず、だいたいは徒歩数分の距離にある共同浴場で「もらい湯」ですね。しばらく顔を見ないと、最近誰々さんが来ないけど……と見守りの役割も果たすなど、暮らしに浸透しているのです。

Q.温泉は他にも生活に生かされていますか?

万代温泉は100度近い高温なので、水を使って熱交換で冷ましますが、その際にできる60度ほどの温水を再利用して各家庭に配水したり、冬は道路の融雪に使ったりします。

草津温泉は、町にも人にも、そして環境にも優しく温かいのです。

(了)

※温育マガジン2017年冬号より転載。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧