fbpx

“3つの首”以外に冷やしちゃいけない2つの部位

楊さちこの冷えとり温育じかん

ポイントは、“3つの首”(首、手首、足首)と、おなかとおしり。
首は、頭を支えているために筋肉が緊張していて血液の流れが悪くなりやすいものですが、首や手首・足首を温めると、
滞りやすい血流がしっかりと動くので全身の血流まで良くなります。
首も手首も足首も、皮膚が薄いため、その部分を温めると
皮膚下を流れる血液も同時に温まり、その血が流れることで体全体が温まるのです。
さらに、腰とお腹を温めることでさまざまな婦人科系のトラブル予防につながります。

冷えない体になる手軽な方法をご紹介します。

実は、ちょっとしたことで、冷えない体になれるんです。
体をしっかり温めた入浴の最後に、足首から下に冷たい水をかける
最初は冷たくてびっくりしますが、すぐに体がぽかぽかと温まってきます。
冷えた部分に血液が集まってくるため、体の血液循環もよくなります。
ただし、この方法は体がある程度丈夫な人に限ります。
心臓に疾患のある方、持病をお持ちの方、高齢者の方にはお勧めできません。

【お知らせ】
楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。
ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧