fbpx

温め習慣で顕れた血管と血流~アトピー体質でも、目指すは血めぐり美人。

未分類

ゴーストだったのかもしれない。

氷のように冷たい手、ひどく爛れたような首、血の気が引いたゴースト。

仮装などしなくとも、ハロウィンにうってつけの私。

ゴースト血管~健康や美容に重大な問題を引き起こす血管

血管について語ろう。

毛細血管は、消えることがある。血のめぐりが悪いと、消えてしまうそうだ。

消えると、どうなる? 消えると、周辺細胞への酸素や栄養を届ける機能が絶たれ、細胞が死に、健康や美容に重大な問題を引き起こす。具体的には、認知症、シワたるみ、骨粗しょう症、冷え性等につながるという※注1。

消えた血管には名前がある。

「ゴースト血管」という名だ。

点しか顕れなかった血管~アレルギー体質特有の血流

いまにして思えば、私はゴーストだったのかもしれない。

2年前の9月、血流測定を行ったときには、血流スコープにほぼ何も映らなかった。

ただ赤い斑点がポツ、ポツ、と浮き出るだけで、血管や血流がまったく確認できなかった。

「アレルギー体質の方は、血管の先端部が見える形状のことが多いです」

測定者からのフォローも耳から通り過ぎるほどに、当時の私は打ちひしがれていた。

――血管が見えないなんてことが、ありうるのか。

そのときの私は、ゴースト血管の存在も知らなかったし、温育も未だはじめて間もなかったので、結果を素直に受け入れられなかった。

末端冷え性の自覚は、昔からある。けれど、根源はアトピー体質だったのか。

アトピー体質である限り、末端冷え性とも一生の付き合いになるのか――。

開き直りつつも、血が健康にめぐらない体質である自分に、どこかやるせなさも感じた。

直近で顕れているアレルギー体質

アトピー体質について語るのは、これがはじめてのことだろうか。

9月下旬某日の土曜日、台風一過の千葉は、強い日差しと強風、そしてひどく乾燥した気候に見舞われていた。

娘の運動会は、そのようなさなかに行われた。次の日の私は、それはもうひどい有様だった。

日焼けと乾燥が起因したのか、アトピー性皮膚炎が発症した。

夏の高温多湿の時期に発症することが多かったが、今回は異例の発症。頭皮、目尻、首、肘に荒々しく赤みを帯びたアトピーは、敏感肌用化粧品の使用を躊躇するほど深刻だった。

温め習慣の結果、改善した末端冷え性

娘と出かける際には、必ず手をつなぐようにしている。

最近、娘から「りぃーちゃん(筆者)の手、温かいね」と言われることが多くなった。

温育と出会うまでは、氷のように冷たい、と指摘されていた手だ。

温育と出会ってからの2年間は、肌トラブルも落ち着いており、アトピーもあまり発症しなくなった。

温め習慣を2年間続けてきたことで、免疫力が高まっている自信があった。

――直近で顕れているアレルギー体質と、温め習慣の結果は、どちらが強く顕れるか。

私は2年ぶりに血流測定をしようと心に決めた。

血流測定~毛細血管観察でわかる4つのこと

血流測定では、利き手と反対側の薬指の爪の付け根を血流スコープで観察する。

なぜ薬指か。手の指10本の中でもっとも循環が悪い指が薬指だから。

血流測定は、循環の悪い部分にフォーカスを当てて、血管の形や本数、背景色の度合い、血流の速さ、真皮乳頭(毛細血管の尖端を傘状に包んでみえる部分)、の4点を測定する。

指の血流状態が芳しければ、全身の毛細血管も良好な傾向にあるとされる。※注2

10月下旬の某日。覚悟を決めて血流測定の会場に向かうさなか、けれど期待と不安が入り混じっていた。私には温め習慣という味方がいる。しかし2年前には、ただ赤い斑点しか顕れなかったという事実。そのはざまに揺れていた。

ヘアピン状の血管~温め習慣で顕れた、健康状態良好な血流

血管について語ろう。これで最後だ。

毛細血管は、あった。

ヘアピン状にまっすぐ伸びていて、血流がしっかりと見え、赤血球の動きが確認できた。

2年前には赤い斑点しか顕れなかった血管。本数は少なめだが、これは快挙だ。

表面的にはアトピー症状は出ているし、アレルギー体質であるけれど、温める習慣を続けていれば、血流は改善されるのだ。健康状態良好な血流が測定結果から証明された。

「温め習慣」は、その効果を可視化しづらいし、目に見える形での効用を得られづらい。

そのような中、血流測定は、可視化しづらい効果・効用を「見える化」することのできる、有効なツールだと感じた。

アレルギー体質特有の血流で悩んでいたり、諦めたりしている方でも、温めることで、良好な毛細血管を得られる可能性がある。希望を持ってほしい。

 

いたずらに自分を責めず、頑張りすぎず、たまにはお菓子(ご褒美)を与えてもいい。

気づけば、いつしかお化け(ゴースト)は消えているはずだ。

各々のペースで温め習慣を続けて、元気な血めぐり美人を目指そう。

Happy Halloween.

 

※注1:NHKスペシャル「“ゴースト血管”が危ない~美と長寿のカギ 毛細血管~」

※注2:血流測定で顕れるのは、自分のからだの1カ月前の健康状態である。

(了)

前回の記事はこちら→ 「自分時間」のつくり方 ~平日は午前中に30分、休日は家族と一緒に。

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:里夏(Rika)
温育アンバサダー・キッズ食育トレーナー・ゆび編みインストラクター。柏市在住。てんとう虫好きな娘、読書好きな夫とともに、温めるライフスタイルを実践。その人の悩みにより添う温めを大切にしている。好きなことは、からだが喜ぶ料理をつくること、編み物でこころを整えること。指編み講師(ミーツ国分寺)、味噌玉ワークショップ講師(柏の葉こども園)、ほか温育セミナー講師。温育SNSアワードW受賞、温育オリジナルレシピコンテスト:グランプリ受賞。

ピックアップ記事

関連記事一覧