fbpx

顔のむくみを取るための3つのお約束

楊さちこの冷えとり温育じかん

顔のむくみの原因には大きく分けて3つの原因があります。

(1)水分の摂り過ぎ

遅くまでお酒を飲んだ翌朝、顔がパンパンにむくんでいるなどのケース。

(2)冷えの慢性化

空調の利き過ぎた部屋で、一日中パソコンの前に座っていることが多い人は、このケースに陥りやすい。

(3)塩分の摂り過ぎ

若い人の塩分の摂り過ぎは、加工食品やスナック菓子の摂り過ぎが原因になっていることが多い。

◎それぞれのケースに対応するむくみ対策

(1)顔の血行をよくする

冷水と熱いタオルを交互に使う「温冷パッティング」がおすすめ。
<やり方>
① 熱い濡れタオルを30秒くらい顔にのせて、その後冷水に顔をつける。
② 目が腫れているときは冷水の中で、目をパチパチさせるとよい。

(2)冷えを改善

体が冷えると体の水はけが悪くなり、それが慢性的なむくみを招く原因になる。
冷えを予防するには、首回り・ひじ・膝を冷やさないよう自分なりの対策を講じること。

(3)食生活を改善

塩分はむくみの大敵。
まずは、加工食品や、スナック菓子を控えめに。
また、体の余分な塩分を排出する働きをしてくれるカリウムを積極的に摂ること。カリウムが多く含まれる食品は、バナナや柑橘系の果物、トマト、じゃがいもなど。
カリウムは水溶性で熱に弱いので、火を通さずにサラダでいただいたり、火を通す場合は煮汁ごと食べられるスープでいただくのがおすすめ。

【お知らせ】
楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。
ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧