• HOME
  • TOP
  • Life
  • 食品開発展で冷えの改善効果が確認された成分が続々登場!

食品開発展で冷えの改善効果が確認された成分が続々登場!

Life

10月2日(水)〜4日(金)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されていた食品開発展に行ってきました!

食品開発展は、一般消費者向けというよりも、名前の通り、商品開発者向けのイベントだから、展示されている商品は、食品原料をはじめ、添加物、健康サプリメントの原料がほとんど。その中で、冷え性に効果的な食品が発表されていたので、ご紹介します。

ヒハツが冷えを軽減させる機能性食品として消費者庁が受理

食品開発展の会場に到着して間も無く、多くの女性たちで人だかりができているエリアを発見。歩み寄ってみると、そこではソフトクリームが無償で配布されていました。ここは、丸善製薬株式会社のブースで、特殊製法でハトムギエキスを抽出した美肌素材に加え、コラーゲン再生パワーをもつレモンバームエキスパウダーなどの商品を紹介されていました。その美肌素材をソフトクリームに振りかけて、来場者に振舞っていたので、女性が多く取り囲んでいたことにも納得。

10月に入ったとはいえ、会場は熱気で満ち溢れていたので、少し体を冷やそうと、ソフトクリームに手を伸ばしてみると、なんと「ヒハツが冷えを軽減させる機能性食品として受理」という看板が掲げられているではありませんか。

沖縄などでも自生するヒハツ(ピパーチ)

丸善製薬株式会社の方にお話を伺ってみると、「昨日(10/2)、受理されたばかりなんです」とのこと。

ヒハツの実を粉末状に加工した茶色い粉をソフトクリームに振りかけて。

ヒハツは、東南アジアで分布するコショウ科の植物で、コショウ同様にスパイスとして利用されていました。中国やインドでは昔から、体の冷えを改善する目的で用いられてきましたもので、今回、初めて「冷えを軽減する機能性食品」として消費者庁に受理されたそうですよ。

消費者庁のサイトを検索してみると、確かに「本品にはヒハツ由来ピペリン類が含まれます。ヒハツ由来ピペリン類は、冷えにより低下した血流(末梢血流)を正常に整え、冷えによる抹消の皮膚表面温度の低下を軽減する機能があることが報告されています」と書かれていました。

私たちの手元に冷えを軽減するヒハツを使った商品が届くのは、まだ先になるとは思いますが、新商品が登場してくるのが今から楽しみですね。

(了)

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧