fbpx
  • HOME
  • TOP
  • Life
  • 腸内細菌の多様性を高めるサプリが登場!腸からコンディションを整える時代に。

腸内細菌の多様性を高めるサプリが登場!腸からコンディションを整える時代に。

Life

腸を整えれば、体のコンディションも整う

11/24(日)に柏市で開催する温育シンポジウムに登壇いただく、サッカー元日本代表の鈴木啓太氏。

鈴木氏が社長を務める「AuB(オーブ)株式会社」より、この度、腸内環境を整えるサプリが発売されるとあり、その記者発表会に参加してきました!

鈴木啓太氏

 

鈴木氏は幼少の頃から、調理師の資格をもつ母親に「人間は腸が一番大事」「便を見なさい」と教えられてきたそうです。

その教えから、選手時代は、お腹や腸を常に意識し、お腹を温めたり、冷たい物を控えたり、腹巻をして寝るといったことを実行。腸を整えることでコンディショニングを作っていたと言います。

選手生活を引退してからは、自身が体感してきた「お腹の調子が整うと、体の調子が整う」「便の状態とコンディションには相関関係がある」ことをヒントに、アスリートの腸内細菌を研究する「AuB株式会社」を設立。アスリートのコンディションづくりに貢献するべく研究を重ねてきました。

アスリートの腸内細菌には特徴があった

これまで500人以上のアスリートの便を集め、腸内細菌を研究を行うことで分かってきたのが、

アスリートの腸内細菌には、

1 短鎖脂肪酸を作る菌が多い

2 腸内細菌の多様性が高い

短鎖脂肪酸とは、腸内細菌によって作られる酸の一種で、具体的には酢酸、酪酸、プロピオン酸などがあります。アスリートには酪酸菌が多く、一般生活者の約2倍保有していることが分かったそうです。

ちなみに、便の検体に協力してくれた中には、今、日本中が湧いているラグビー日本代表の松島幸太朗選手や、箱根駅伝で「山の神」と呼ばれた陸上の神野大地選手など、超一流のアスリートたちの名前が。

いわば、「健康」を飛び越し、「超・健康」ともいえるアスリートたち。彼らの腸内細菌を研究した知見を生かして開発されたのが、このサプリです。アスリートだけでなく、多くの方の健康に役立てる商品になっています。

酪酸菌をメインに29種類の菌を配合した腸内環境を整えるサプリ「AuB BASE(オーブベース)

ご自身や家族のパフォーマンスアップに役立つ、鈴木啓太さんの腸活トークを聞いてみませんか?

鈴木氏が登壇するイベントの詳細はこちら → 「食」テーマに11月24日(日)柏市で温育シンポジウム開催 ゲストスピーカーにサッカー元日本代表の鈴木啓太氏

(了)


二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧