話題の温育メソッドを体験。今「お股」が熱い!その2

「住」温育ガールミミさんの住マイル日誌

前回はこちら → 話題の温育メソッドを体験。今「お股」が熱い!その1

なぜ、お股(子宮)を温めるのか。

これこそが、私が引きつけられる「なんだか分からないけど」の肝の部分なのですが。

一説によると、子宮が温まり活性化されると人脈、金脈、情報脈、運を引き寄せてしまう!…らしいのです。(えー!)

このことはまだ勉強不足で体感もしてないので今は書けません。けど、またまた何だか分からないけどそれらとお股は無縁ではないような気もするのですよ。

“あげまん”なんて言うように性と運は通じるものがあるのでは?っと。

実際、子宮温活をはじめてお股辺りが温かくなることで気持ちが豊かになったのは確かで。

日々の暮らしの中で、豊かと思える機会が増えると生きることが底上げされていくようなそんなイメージです。

ファブリックも可愛くて、手洗いしていると愛しくなります。

子宮温活を初めて2回目の生理前。

ついこの前の話しです。

私はもともとPMS(月経前症候群)がひどくいつも生理前5日間は何かに取り憑かれたような鬱積感に包まれます。今回は輪をかけてひどく、ぎっくり腰の予兆のような腰痛、膀胱炎、背中全体の圧迫感・痛みで立っているのが辛い状態でした。土用のせい?とも思ったのですがPMSの時期とも重なるのでこれは子宮温活による毒だしかも!と思いました。

というのも、生理がはじまったその日から憑きものがとれたような、清々しさがあったからです。

前号で書いたように、子宮温活のアイテム「もぐさ」は排毒に優れています。これまで溜まっていた悪いものが外に出たのかもしれません。おかげで今はスッキリさわやかです。あと、子宮温活開始直後だけの変化でいうと生理が短くなりました。

だいたい1週間くらい続いていましたが引き際もよく、4日でさっと引きました。こんなふうに、自分のお股の状態をよく観察するようになったのも子宮温活をはじめてからのこと。意識の変化です。

お股の奥に続く未知。

「ドロップスの木」の成田まなかさんによると“子宮は、最強のパワースポットなんです。

子宮は神社ですよ!えー子宮?なんでー? なんて、もう そんなこと言ってる時間すら 勿体無いっ‼

子宮は温めたもんが勝ちなんですよー

自分を大切にすると、宇宙と繋がる私が昨年 叶えられなかったことが、今どんどん叶ってますー(≧∇≦)“だそうです!子宮温活をしている人の記事をみると共通しているのが、とにかく動いているなあという印象。子宮が巡る→活性化される→行動せずにはいられない!

なんですかね。本当に皆さんエネルギーに満ちあふれ動いています!ということで、なんだか私もお股が活性化されてきたおようで8月に成田まなかさんとお会いすることになりました!成田さんのお話会に参加する予定なのですが子宮温活のもっと深い部分について聞いてこようと思います!また機会があればお話しますね。

あ、これ人脈?情報脈?引き寄せたかも〜!

ではまた!

▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:ミミさん
20代から30代、仕事中心の不規則な生活を謳歌した後、30代後半で出産。ある時、子どもの不調について調べていたつもりが、いつの間にか自身の不調(こころ・からだ)と向き合っていることに気づく。現在冷えと履歴5年オーバー。

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育シンポジウム」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

ピックアップ記事

関連記事一覧