話題の温育メソッドを体験。今「お股」が熱い!その1

「住」温育ガールミミさんの住マイル日誌

私は冷えとりをはじめてから、必ず年4回の土用期間中、体調に変化があるんです。

そして、夏の土用は今までで一番辛かった。。。で、このビッグな瞑眩※は今回紹介する「お股」に関係があるかもしれない!!!
と今、たった今、思いました。そんな私の体験間もないお股レポートを、ドキドキしながらお届けしまーす!
お股、お股言いますよ〜。
(※毒だし・瞑眩:からだやこころが元の状態にもどる途中におこる好転反応のこと)

急上昇ワード「子宮温活」!!!

皆さん、子宮温活って聞いたことはありますか?
少し前から、私のアンテナにピンピンきているワードで
ズバリ「お股(子宮)を温めること」です。
このブログを書くことが決まった時
何か私自身が体感したことを、リアルタイムでレポートしたいと考え
一番はじめにトライする!と決めたのがこの「子宮温活」でした。

子宮温活を知ったのは
私が初めて冷えとり勉強会に参加したときの主催者で
リバティ生地で作ったネックレスなどを販売する
「ドロップスの木」の成田まなかさんのブログが
フェイスブックでシェアされていたのがきっかけでした。

それから何だか分からないけど
いちいち「子宮温活」「お股」が目に飛び込んでくるんです。毎日毎日。
もう脳内は“お股フェス”です。
そうすると、ますます気になる→調べる→気になる→調べる…のループ。
でもでも、気になったとしても…
「気になる」から「はじめる」間の距離は結構なもので
冷えとりでいうと…
靴下を絹・綿・絹・綿のとりあえず4足セット揃えて4000円。
はい、どーする? 出す?靴下にその金額。の世界。

多分、それが本当に必要なときがくれば
上のような葛藤を超えてしまうのではないかなあと。
超えるできごとが起こるのかもしれないなあと。
今は思います。
なぜなら私、このブログを書いていなければ
おそらくまだ、子宮温活をはじめてなかった!

アイテムは3つ。「布ナプ・もぐさ・真綿」。

今、私が実際にやっている子宮温活は、
布ナプキンにもぐさライナーとまたまわたをくるみ
それごとショーツにくっつけて、お股に当てる方法。
お股→布ナプキン→もぐさライナー→ショーツ
この順番で重なります。

はじめて使用したとき、
瞬間に「気持ちいい!」と思いました。
それは、はじめて絹の靴下に、足指を通した心地よさと同じ。
それに加え今回は「守られている」という安心感がありました。
なんだろう、手の平をお椀型にして
お股を大事に包んでもらっているような感覚。
まさに「うっとり♡」でした。
あと、もぐさライナーがいい香りなんです!
注文したこれらが届いたとき
他にハーブが同送されているのかと、確かめたくらい香りました。
私はこの香りが大好きです。
ちなみに…毎日布ナプキンを洗うとき
もぐさが臭くなっていないか、確かめているのですが
今のところ、臭うどころかいい香り。
あー私のお股はこの香りに包まれている♡と思うと
なんだかこう、「グッジョブお股!」みたいな。

生まれて初めて自分のお股をいたわる。

私が今使用している「布ナプキン」と「またまわた」は
冷えとり靴下と同じ、絹・綿・絹・綿の多重構造でできています。
ちなみに、「またまわた」(真綿)は絹100%です。
絹は排毒、放湿、保温に優れ、綿が放出された悪いものを吸収します。
そしてその2つにサンドされている「もぐさ」は
よもぎの葉の裏の繊毛を乾燥させたもので
体を深部から温め、血や気を巡らせる働きがあります。
で、これらの相互作用により、お股(子宮)が活性化されるという訳なのです!

思えば、はじめて夜湯たんぽを使ったとき
一番はじめに当てた場所が、「お股」だったのです、私。
冷えを感じているのはもちろんでしたが
安心するんです、お股に当てると。
そう!子宮温活アイテムを初めて使ったときの
手で包まれる安心感というのは
シンプルに、「温かさ」だったのだと思います。
子宮温活をしていると、そういった心的な
「ゆるみ」「ぬくもり」「くつろぎ」を得ることができます。
そういうのって、「さあ、やろう!」と思ってできるものでもないし
どちらかと言えば、それは「そうある」状態のことであるし
お股を温めることで
一日中「そうある」ことができるのなら
これは豊かなことだなあと思うのです。
今ここにきてはじめて
お股(子宮)を労ってあげたように思います。

その2では、私が子宮温活をはじめて起った、体の変化についてお伝えします!

▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

著者名:ミミさん
20代から30代、仕事中心の不規則な生活を謳歌した後、30代後半で出産。ある時、子どもの不調について調べていたつもりが、いつの間にか自身の不調(こころ・からだ)と向き合っていることに気づく。現在冷えと履歴5年オーバー。

ピックアップ記事

関連記事一覧