fbpx

足は冷えるのに顔はほてる…そんな時は?

Life

皆さん、こんにちは。国際中医師の吉田です。

前回の記事  午後になると体調の悪くなる人は「冷え」が原因かも。 をご覧いただきありがとうございました。

今回は、足は冷えるのに顔はほてる…という相談についてです。

更年期世代という事もあり、顔が火照るのに足が冷える…というほてりの相談を受けることがあります。今回はその原因と対処法について考えてみたいと思います。

足先が冷えて頭がほてることを上熱下寒という

足は冷えるのに顔はほてる…そのような状態を中医学用語では「上熱下寒」といいます。どうしてこのようなことが起こるのでしょう。

それには2つの原因があります。

まず1つ目は自分の体の中の状態が引き起こすもの。

中医学で健康な状態は体内の陰陽バランスが取れているということと、気、血、津液(血以外の体内の水分)が滞りなく巡っていることが真っ先に上げられます。

体内の陰陽バランスが崩れ、「陰」つまり潤いが足りなくなった時、相対的に「陽」が多くなり熱が発生します。自然界では熱は上に上がり、冷えは下に集まりますね。そのため熱が身体の上部に行き頭部が熱くなり、冷えが下に集まり足先が冷えるのです。

逆に体内で「陰」が過剰になった場合、「陰盛格陽」と言って「陰」が「陽」を押し出してしまうこともあります。押し出した「陽」は熱として体の上部に行き、頭部が熱くなり、盛んな「陰」は体内の下部で足先を冷やすことがあります。

陰陽バランスの崩れがほてりの原因に

このような体の中の陰陽バランスの崩れが上熱下寒の1つ目の原因とすると、2つ目は外部や生活習慣からくるものです。

足先が冷えるというのに、裸足でサンダルを履いたり、冬にスカートを着て下から体を冷やしていませんか?

また現代人によくありがちなのはオフィスワークで座ったままの姿勢が続き、下半身の血流が悪くなる…気、血、津液の巡りが滞ります。

その上、オフィスの温度が暑がりの男性向けに低く設定されている…滞りで血流が悪くなり、冷えて固まった足先を空調が冷やしてしまう…。

足先が冷えたタイミングでストレスがかかることもあるでしょう。ストレスは五臓でいう「肝」に強く作用します。「肝」がストレスにより伸び伸び働けなくなると、鬱滞して熱を発生することが多いのです。熱が体の上の方に上がってるくのは前述のとおりです。

また生活習慣としては前回整体観念の話をしましたが、人間は自然に寄り添って生活しています。体内の陰陽バランスが整っていることが健康です。 昼が陽、夜が陰とすれば夜更かしをすると昼が長く…、つまり陽の時間が長くなり、昼と夜の陰陽バランスが崩れ、身体の陰陽バランスも崩れます。私は足も冷やしてないし身体も冷やしてない…という方に案外夜更かしをしているという方も多いのです。

「上熱下寒」を解消するには?

頭はほてるのに足元は冷える…様々な原因が積み重なってこのような状態になるので、1つずつ見直していきましょう。

まず、体の中の陰陽バランスを整える食事です。全員が同じではありませんが更年期で頭部がほてる方は、体の「陰」の大本である腎陰が加齢とともに減少していることが多いです。腎陰を補う食材は黒ゴマやたまご、アスパラガス、イカ、アワビ、牡蠣、ホタテ貝などです。少しずつでもよいので取り入れてみましょう。

辛い物が好きな方は控えめにしましょう。余計頭部がカーっとしてしまいますよ。

また足先が冷えている時にオシャレだからといって、裸足にサンダルは避けましょう。足首は冷やしてはいけません。夏だからといってシャワーですませないで、湯舟に入って足先から巡りをよくしてあげましょう。

オフィスでいつも同じ姿勢を続けるのはやめて、数時間に1度でもちょっと立ち歩いて固まった下半身をほぐして血を巡らせてあげましょう。

ストレスが全くない人はいません。ストレスとどう付き合うかも大事です。気を巡らせるための軽い運動をしたり、自分にとって楽しいことをしたり、働き過ぎを見直したり、自分の強すぎるこだわりを見直したり…もちろん可能であればストレスの原因から遠ざかるのもいいでしょう。

最後に夜更かしは止めて自然に寄り添って昼夜のバランスを取りましょう。

秋に向けて少しずつ冷えてくる季節です。体内、環境、生活習慣から見直して上熱下寒が解消できますように。

(了)

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:吉田 美枝子
香港が大好きで通ううちに香港人女性の体格が昔よりよくなってきているのを感じました。昔はよく見かけたスープの持ち帰り専門店などが減って、ファストフードのお店が増えている香港。。。アジア人女性の美の秘訣は香港のお母さんの味にあり?と仮説を立て、北京中医薬大学日本校(現在の日本中医学院)の薬膳科に通いました。 薬膳も楽しかったのですが、中医学の理論に魅せられ、中医薬科、気功科も学び、国際中医師の資格をとりました。
▶︎現在、自宅で中医学、薬膳の理論を共有する教室「吉田食堂」を主宰。
▶︎過去に、吉田さんが執筆した記事はこちらをチェック

ピックアップ記事

関連記事一覧