fbpx

冷房で冷えた体と肌の乾燥に!子どもと一緒に作る「桃ジンジャーゼリー」で美肌対策。

Eat

こんにちは!長ーい夏休み、ようやく後半戦に突入しました。

幼稚園児2人と過ごす夏休み、旅行や帰省、水遊びと、毎日出かけるわけにもいかないので、たまにはクーラーの効いたお家でのんびり( ´∀`)。でもクーラーって、手足の冷えていく感じが否めないんですよね。

夏こそ冷えに気を付けないと…。さらに、紫外線と冷房で肌も乾燥してしまいます。

ちょうど福島の親戚から桃を沢山いただいたので、これを使って「桃ジンジャーゼリー」作りに挑戦することにしました♪


実は今回、2パターン試してみました。生姜のすりおろし汁を使うパターンと、すりおろしたものをそのまま使うパターン。
温育活動をしていると、生姜をお料理に意識的に使うクセがついておりまして(笑)。
そのせいか、汁しか使わないというのがどうしても、もったいない気がしてしまい、両パターンで試すことにしたわけです。
レシピは、次の通り。

桃ジンジャーゼリーの作り方


【材料】

●粉ゼラチン 5g ●水 50cc ●桃2個 ●桃ジュース 150cc ●はちみつ 大3 ●生姜汁(生姜5cm程度を擦ってしぼったもの) 小2〜3杯


【作り方】

① 水50ccを沸騰させたところに粉ゼラチン5gを溶かす。
② 別の鍋ではちみつと生姜汁をふつふつさせる。
③ 桃ジュースと①②を混ぜ合わせる。
④ 桃を細かく切って、ゼリー容器に均等に入れる。
⑤ ③を流し込む。
⑥ バットなどに容器を並べて、冷蔵庫で冷やす。
★飾りに、ブルーベリーを使いました。これで完成です。

3時間程度で固まりました。
ちなみに、、、すりおろした生姜を汁ごと入れる場合は、生姜の分量を生姜ひとかけら分使います。

すりおろし生姜はこれくらい使いました。
すりおろし生姜はこれくらい使いました。

以前ジンジャーマチェドニアを作ったとき、うちの子供たちは「辛い!生姜が入ってると食べられないよぉ!!」と言ってほとんど食べてくれなかったのですが、今回の桃ジンジャーゼリーは、すりおろし汁を使ったことと、桃の果肉の甘味のおかげか、「生姜入ってるのに美味しいっ」と好評でした。

舌触りもなめらかで、小さなお子さまでも美味しくいただけると思います。
ほんのりピリッとする感じが、夏の暑さにもぴったり!
すりおろし生姜を汁ごと使った方は、大人向きかなー

生姜は少量ですが、それでもピリッと感が増すので、スパイシーなものが好きな方はいいかも。バットに入れて固めたので、崩してガラスの器に盛り付けたりしたら、夏らしく美味しくいただけそうです。

暑い夏にヒンヤリ美味しいゼリーに生姜を取り入れることで、代謝もアップ!夏休みの子供と楽しみながら、冷え&美肌対策ができたらいいですね♪

前回の記事はこちら→ 三度目の妊活。寝付きが悪かった私を変えた快眠ストレッチ習慣とは。

▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:きゃなでぃ(温育アンバサダー)
2人の娘をもつママです。コツコツ毎日続ける、ということが大の苦手。5年日記が穴だらけ。最近お友達に教わった、自分の性格に合った収納術を、早く試してみたくてウズウズしているこの頃。ただ今準備中です。家族をあっと驚かせてやるぞ~♪
▶︎きゃなでぃさんの連載記事はこちらでご覧いただけます。

ピックアップ記事

関連記事一覧