fbpx

イライラにさようなら! アロマオイルの香りで癒しじかん。

温育アンバサダーのブログ

育児に家事に仕事にと、息つく間もなくすごい速さで毎日が過ぎていきます(汗)。そんな中、自分のやりたいことは後回し、出来なかったことを数えて落ち込み、言うことを聞かない子どもたちにはイライラしてしまう自分に自己嫌悪……、そんなストレスやイライラを抱え込んでしまう日々は、自律神経が乱れて冷えを招く要因にも……。

アロマオイルの香りで、〝ながら〟温育。香りを嗅ぐだけでリラックス効果抜群!

このストレスやイライラから瞬時に気分転換ができる温育メソッドがあります。

それはズバリ、お気に入りの香りを嗅ぐこと! イライラしているなと感じたとき、気分を変えたいなという時に、香りを嗅ぐことで瞬時に気分転換を図ることができます。

それもそのはず、人間の持つ五感のうち、嗅覚は脳の大脳辺縁系という部分へダイレクトに届くため、頭で考えるより先に、感覚的にいい香りだなと反応し、リフレッシュされたり癒されたりすることができるようです。

私はよくディフューザーを使ってアロマオイルの香りを楽しんでいます。これなら、育児をしながらでも家事をしながらでも、「ながら」で、手軽にお気に入りの香りを嗅いでいることができます。

ディフューザーの代わりにマグカップもおすすめ。

ディフューザー代わりに、マグカップにお湯を入れて、そこへお気に入りのアロマオイルを1滴たらすだけでも簡単に香りを楽しむことが出来ます。部屋に置いておけば香りが拡散されていい香りに包まれます。

私はこれを眉間にあてて目の周りをほぐすこともしています。湯気を眉間から目の周辺にあてます。そうすることで目の周りが温まり、血流が良くなってスッキリとします。さらにお気に入りの香りも一緒に嗅げるので一石二鳥で、リフレッシュ効果は抜群!パソコンやスマホを長時間利用して目を酷使した時などにおすすめです。

お気に入りのアロマオイルをハンカチやティッシュに1滴。携帯アロマの出来上がり。

ハンカチやティッシュにアロマオイルを1滴たらせば、携帯アロマに変身! 私は出かけるときもお気に入りの香りを携帯アロマにして外出しています。

例えば電車に乗った時や人ごみの中を歩くとき、仕事で緊張を感じたときなどに、サッと香り付きのハンカチを取り出して嗅ぐと気分が落ち着きます。(※アロマオイルの種類によって生地に色がつくものもあるのでご注意ください)

寝る前の儀式は、子どもとアロマオイル選び。お気に入りの香りでリラックス。

そんな私の香りを楽しむ温育習慣は、子どもたちにも受け入れられ、今では寝る前に「今日はどのアロマオイルにする?」と言ってお気に入りの香りをディフューザーで焚くのが日課となっています。

子どもたちのお気に入りは“ラベンダー”。とても優しい香りで、ストレスで緊張した心と体を癒し、寝つきを良くしてくれます。自律神経のバランスも整えてくれます。

公園や道端に咲いている草花の香りを嗅ぐこともアロマになる

好きな香りを見つけて、自分を癒してあげる時間をもとう。

アロマオイルの効能ってとても気になります。せっかく嗅ぐなら自分の不調にあったアロマオイルを選びたいと思うもの。

でも、私の場合は「この香りが好き!」という本能的な自分の声に耳を傾けて選んでいます。意外と本能で選んだ方がその時の自分に必要なものだったりします。

あまり難しく考えず、自分が良いと思った香りを楽しむことがポイントかもしれません。

ストレスやイライラを溜め込む前に、ぜひ、お気に入りの香りで癒されてみてくださいね。

前回の記事はこちら→ 朝までぐっすり。2重編みソックスで冷えを解消しました!

著者名 mayumi(温育アンバサダー)
2児の母。最近の悩みは、娘たちを寝かしつけるために読み聞かせをするけど、いつも私が先に寝てしまうこと。マイブームは花の鉢植え。花の成長を観察するのが日課です。

ピックアップ記事

関連記事一覧