fbpx

【家ねこ目線の温め術】暑い日でもねこは常温が好きな理由

家ねこ目線の温め術

水分補給は大切よ

こんにちは、ぼたんです。梅雨がいつまでも明けなくて、全然夏らしくならないわね。アタシ達はコタツで丸くなっているイメージがあるせいか、寒さが苦手で、あったかいのが大好きって思われているみたい。確かにその通りではあるんだけど、だからって夏の暑さに強いわけじゃないのよ。アタシ達は祖先が砂漠で暮らしていたせいか、水をあんまりたくさん飲まないの。尿路結石や腎不全にかかるねこが多いのも、水分を摂らない体質が関係しているんですって。だから暑すぎて脱水症状を起こすと、そういう病気が悪化しちゃうことも。夏は水分補給がとっても大事なのよ。

アタシが飲みたくなるように、飼い主にはお茶碗はいつも清潔にして、新鮮なお水を用意しておいてもらいたいわ。でもね、氷を入れるのはやめてよね。どっちかっていうと常温っていうのかしら、ぬるいお水が好きなんだから。人間ってどうしてつめたーいものをゴクゴク飲めるのかしら? 体が冷えたりしちゃわない?

涼しすぎるのは苦手

クーラーとか扇風機とか、人間は涼しくなる機械をいっぱい持っているけど、好きかどうかって聞かれることがあったら微妙って答える。風が直接当たるのは好きじゃない。涼しすぎるのも好きじゃない。熱中症対策に、ってクーラーをつけっぱなしにしてくれる飼い主もいるみたいだけど、アタシにはそこまでしてくれなくていいわ。人間だって必要以上に体が冷えちゃうのはイヤじゃない?

窓を開けて風が入るようにしておいてくれれば、涼しい場所は見つけられる。例えば玄関とか、風の通り道になっている廊下とか、ツルツルとしたシーツの上とか。動くと余計に暑くなるから、そういう場所でゴロゴロしているのが一番。飼い主もアタシと一緒にゴロゴロしてればいいのにね。

この毛皮をどうすれば!?

アタシ達は見ての通り、人間と違って毛むくじゃら。気温に合わせてこの毛が生え替わるのよ。それは、あったかくなってくる春から初夏の頃と、寒くなってくる晩秋の頃。換毛期っていうらしくて、その時期になると「お掃除が大変!」って飼い主がブーブー言っている。飼い主の服も毛だらけになっちゃうんですって。ごめんなさいね、悪気はないの。この時期は飼い主もまめにブラッシングしてくれるけど、どんどん抜けるからきりがないわ。でも、ブラッシングしてもらうとちょっとスッキリ。毛の密度が低くなるせいか、「痩せた?」なんて聞かれることもあるの。

人間の換毛期って、衣替えってことかしら?服なんて窮屈なだけだと思っているけど、いいところもあるわよね。アタシ達は冷房が強すぎる時とか急に寒くなった時とかには、あったかい場所を探さなくちゃいけない。だけど飼い主は洋服を着ればいいんだもの。ちょっとうらやましいかも。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:ぼたん
保護施設を経て、今の飼い主と一緒に住み始めて5年目になる2010年春生まれのメスのねこ。人間で言うとアラフィフらしいけど、なんで人間の年齢に換算しなくちゃいけないのかしらね。
▶︎ぼたんの連載記事「家ねこ目線の温め術」はこちら。

ピックアップ記事

関連記事一覧