fbpx

三度目の妊活。寝付きが悪かった私を変えた快眠ストレッチ習慣とは。

Life

二児の母、きゃなでぃです。体を温める「温育」活動を始めて3年目、きっと一生付き合っていくであろう活動だと、日々感じています。

実は1年くらい前から、ひそかに妊活を再開しました。家族を持つもっと前から、「できれば子供は3人欲しい!」と公言していた私。約7年前、バリバリ働いていた私は、明らかに体に疲労が蓄積していて、それが原因かどうかわかりませんが、少々妊活に苦戦していました。

なのでその頃、唯一努力していたのは睡眠をしっかり取ること、休憩時間は「無」になること。あとは、婦人科でもらった「健康」という結果への安心感。それらのおかげで一人目、二人目は授かれた気がしています。

そんな私も今では38歳が目の前。体調を整えて、そろそろ3人目を考えたいところ。でも、寝ている子供が側にいるというのは、常に緊張感のある状態です。たぶん、世の中のママたちは、子供のちょっとした変化でも、夜中に何度でも目が覚めちゃうんですよね。

寝落ちして朝まで熟睡できたらラッキーだけど、夜は家事が残っていたりして……。

そんな日々を続けていたら、私、いつのまにかすごく寝付きが悪くなっていたんです。いざ寝ようと思ってベッドに横になっても、何となく足にむくみを感じるし、なかなか眠れない( ・∇・)

そこで絶賛取組中なのが、

①【お風呂で足首グルグル】

②【寝る前の足首体操】

この2つです。

足首グルグルの仕方はこちら。温育テキストブックより

 

①は、足指の間に手の指を入れて、足首を左回転、右回転10回以上ずつ回しています。私は湯船の中で、子供と話ながらやっていますが、自分のすきま時間、いつやってもいいと思います♪

②は、バレエを習っている子供たちのストレッチに付き合いながら一緒にやっていてとても気持ちよかったので紹介しますね。

寝る前に、両足揃えて前に伸ばし、足首を右、左上下に、交互に動かしたり一緒に動かしたりします。

リズムを作ってやると、子供も楽しいみたい。

他にも、あぐらをかいて股関節をマッサージしたり、肩甲骨まわりをほぐしたりと、その日の気分によってストレッチにかける時間も色々ですが、続けられる程度にやっています。

体がぽかぽかしているうちに横になると、寝付きが早いように感じます。

本当は眠ることが大好きな私。妊活もありますが、毎日の快眠を求めて、ストレッチ継続中です!

(了)

前回の記事はこちら→ ズボラな私でも続けられた! 朝一杯の温育習慣。

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:きゃなでぃ(温育アンバサダー)
2人の娘をもつママです。コツコツ毎日続ける、ということが大の苦手。5年日記が穴だらけ。最近お友達に教わった、自分の性格に合った収納術を、早く試してみたくてウズウズしているこの頃。ただ今準備中です。家族をあっと驚かせてやるぞ~♪
▶︎きゃなでぃさんの連載記事はこちらでご覧いただけます。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧