fbpx

起き抜けの白湯で、体の内側からポカポカになろう!

Life

実践!10の《温》体質習慣 「起き抜けの白湯」

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう…と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

<お約束度> 冷え度チェックはこちら
冷え度1★の人はとりあえず試して
冷え度2★★の人は必ず試して
冷え度3★★★の人は、すぐに実践を

★自分の冷え度を知ろう!

毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な《温育習慣》。とりあえず、全員試してほしいお約束度★の温育習慣はこちら。

★の方

朝起きてコップ1杯のお湯を飲む。冷たいお水が喉を通るのが気持ちいい、水は冷たくないと飲めないという人も、朝起き抜けに飲むべきはお湯。冷たいお水を飲むと、体を内側から冷やしてしまいます。温かいお湯ならば、体の内側から温めることができます。寝ている間に断食状態だった体がウォーミングアップをはじめ、代謝しやすい体の準備が整います。また、体が温まると目覚めもすっきりとするもの。ぬるま湯をゆっくりと体のすみずみまで行き渡らせるつもりで飲んでみましょう。どうしても冷たいものが飲みたい!という場合でも、「まずはお湯を飲んでから」を基本にしましょう。

起き抜けは体温が一番低い時 温かいお湯で深部体温を上げて。

脂肪を分解するためには、体内にある酵素を働かせなければなりません。しかし、この酵素が活発に働くには、体の深部温度が38~39度である必要があり、1度下がると酵素の働きが50%減少すると言われています。一日のうちで一番体温が低いのが起き抜けですから、ぬるま湯を飲むことが効果的です。

 

【お知らせ】
楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、
『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!
キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。
ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト
-レピーク-URL: http://www.yo-sachiko.com/

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧