更年期に気になる冷え、のぼせ、ほてり…「血」を鍛えることが解決の近道です!

Life

薬膳アドバイザーの加藤和歌子です。冷え性という同じ悩みをもつ私の体験談、改善方法などみなさんと一緒に共有することでライフスタイルを見つめ直しませんか? 今回のテーマは「更年期と冷え」です。

「更年期」を意識し始めたきっかけ

先日、久しぶりの人間ドックに行きました。体調管理も仕事のうち!40歳過ぎたら、2年に1度は特定健診や、人間ドックに行くようにしていました。毎回結果は良好で、やや慢性胃炎気味ではありましたが その他異常なし。よしよし、日頃の薬膳効果だと自信をもっていた矢先、今回子宮の再検査となり…ショックを受けました。幸い大事には至らなかったのですが、いくら気をつけてはいても、年齢を重ねればやはり油断は禁物だと、改めて健康の大切さを痛感したのです。そのとき、ふと待合で見かけた本にあったワードにぎょっとしました。「更年期」。まだ私はその年齢ではない、と思い込んでいたのですが、読んでいくうちに当てはまることがいくつも見つかり、それ以来更年期って何?更年期の前兆?と頭から離れなくなりました。

更年期症状として「冷え」が現れることも

更年期とは、40歳過ぎから閉経前後まで、女性ホルモンの減少にともなって起きる体や心の諸症状です。原因は、卵巣で作られるエストロゲンがなくなることで体と心のバランスの均衡が崩れると言われています。例えば症状として、のぼせ、発汗、冷え、イライラ、不安感、ウツ、不眠、めまい、頭痛など。このような症状をまとめて「不定愁訴」と呼びます。最近は若い女性でも環境の変化、ストレスや疲れから自律神経機能や卵巣機能が低下して、更年期が早めにスタートするケースもあるとのことです。中でも「冷え」は以前から私の悩みだったので、更年期の症状にも当てはまることに驚きを隠せませんでした。漢方医に相談したところ、「当帰芍薬散」を処方され、今も服用中です。

夏こそ気をつけたい「冷え」。漢方ではこう考える

漢方では健康を支える要素として「気」「血」「水」があり、この3つがバランス良く巡っていると健康であると考えられています。女性は、生理の回数を重ねることで「血」が消耗し減っていくために「血」が不足し、その「血」を動かす「気」が滞ってしまうと考え、それが更年期障害の原因のひとつと捉えています。急に汗が噴き出したり、のぼせたりするのは「血」を動かす「気」が十分に働かないため、余分な熱が生まれ、熱は体の上部に移行する性質があるので、上半身に症状があらわれると考えられています。

また、更年期は生命エネルギーを蓄える「腎」の臓器にも影響し、「腎」の機能低下も起こるとされています。私の子宮の症状の原因もここにあるのかもしれません。血を補うことは全ての症状の緩和につながるのです。夏は暑さを和らげるために、クーラーや冷たいものを多く飲用し、体温が低下して血行不良になりがちです。また、基礎代謝量が落ち、熱の発生を抑えようと体が働くので自然と内臓機能が低下し、自律神経も乱れる季節でもあります。特に冷え症の人は、夏こそ体を温めることが大切です。

どうせ食べるなら体にいい物を!夏冷えにおすすめの薬膳スイーツ

日本の夏はジメジメとして、キッチンに立って火を使うのも億劫になりがちです。そんな時に、簡単に、「気」と「血」を補う薬膳おやつを紹介します。作り方は材料をシナモンパウダーで合えて保存しておくだけ!簡単なので作ってみてください。

 【材料】

種なしプルーン、クコの実、レーズン、くるみ、煎り黒大豆、シナモンパウダー

シリアルやヨーグルトに混ぜたり、女性だけでなく家族で食べられるので、朝食やおやつ、おつまみなど、常備しておくと何かと便利なおやつです♪

女性ホルモンは年齢とともに変化するものですが、日頃の食生活の改善で血流障害をある程度抑えられます。更年期を「仕方がない」と思わずまずは「血」を鍛えることから始めてみませんか?

前回の記事はこちら→「冷え性」と「低体温」は違います。冷え性には薬膳茶「なつめ&ジンジャーティー」がオススメ

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:加藤和歌子(かとうわかこ) 薬膳コンシェルジュ

出産後の体調不良がきっかけで 自然療法の素晴らしさを学び、アロマ&ハーブ、中医学に目覚め、様々なスクールで学ぶ。市内の特養でアロマハンドケア、自宅で「アロマ&薬膳食講座」の開催、活動の幅を広げていこうと現在も勉強中。アロマで「香り」を、ハーブで「色」を 薬膳で「食」を、五感で楽しむワークショップを開催中です。AEAJアロマテラピーアドバイザー、ハンドケアセラピスト、アロマブレンドデザイナー、JAMHA メディカルハーブコーディネーターを兼任。
▶︎薬膳コンシェルジュ 加藤和歌子さんの連載記事「温育ビューティー薬膳のススメ」はこちらをチェック。
▶︎加藤和歌子さんのブログ「wakatomonanakoのブログ」はこちら。
▶︎Facebookはこちらをチェック

ピックアップ記事

関連記事一覧