fbpx

【家ねこ目線の温め術②】梅雨の時期こそ、湯船に浸かって体の温めを

Life

梅雨はスキじゃない

こんにちは、ぼたんです。最近雨の日が多いわね。この時期を梅雨っていうんでしょ。初めてこの家に来た時に、飼い主に教えてもらったの。ジメジメムシムシしていてほんとにキライな季節だわ。

アタシ達ってね、実は体温調節があんまり得意じゃないの。汗をかくのは、プニプニした肉球くらい。よくお腹や足をペロペロ舐めて毛づくろいをしているけど、あれはキレイになるためでも、敵に居場所を教えないように体のにおいを消すためでもあるんだけど、なめた毛や体から水分が蒸発することで熱を発散するっていう目的もあるのよ。それなのにこの湿度ったら! そういえば飼い主は、雨の日だと髪の毛がウネウネボサボサしちゃって困るんですって。けどそれって、毛づくろいが下手なんじゃないかなってアタシは思うの。今度やってあげようかしら。

梅雨の不調の原因は気温と気圧

アタシと同じようにこの季節がキライな人間も多いみたいね。雨に濡れるのがイヤっていうのはすっごくわかるけど、それだけじゃなくて体調を崩しちゃう人がいるんですって。

その原因の1つは、気温。蒸し暑いかと思うと朝とか夜はちょっと寒かったり、その日のお天気によっても気温が大きく変わったりするから、体がついていかないらしいの。そして、もう1つの原因は気圧。気温と気圧って似ているけど違うのね。お天気がよくなったり悪くなったりするのに関わっているのが気圧で、梅雨の季節は気温と同じく気圧もコロコロ変わるから、やっぱり体がついていかないのね。

アタシは雨の日は特に眠たくなるんだけど、それも気圧のせいなのかしら。飼い主も頭が痛いとか体がダルいとかいろいろ言っているから、お仕事なんかに行かないでアタシと一緒にずっと眠っていればいいのに。

梅雨の体調管理は体の温めを

気温や気圧がコロコロ変わるのに体が対応できないと、自律神経が乱れちゃって、それが冷えや体調不良につながるらしいわ。じゃ、自律神経を整えればいいのよね。そのためには、軽く体を動かすといいみたい。体温が上がって血行がよくなって、痛みやダルさも防げるんだとか。しょうがないから今夜もフェルトボールや猫じゃらしで遊んであげなくちゃ。アタシが遊んでもらうんじゃないわよ、アタシが飼い主を遊ばせてあげるの。飼い主は勘違いしているみたいだけどね。あとは、リラックス。ほら、ここでもアタシが役立つでしょ。アタシとご一緒にいると癒される~って飼い主がよく言うもの。

そして、お風呂に入るのもリラックスするし体も温まるし、この時期にいいんですって。実はムシムシしていると、アタシ達と同じで人間の汗もうまく蒸発しないの。それだと体に熱がこもったり体がむくんだりするし、汗をかく力も弱くなっちゃうんですって。だから、お風呂っていってもシャワーじゃなくて湯船にゆっくりと入って汗をかくのがおすすめって飼い主は言ってた。でもアタシを誘わないでよね。お風呂のふたの上はあったかくてお気に入りだけど、お風呂に入るのは大キライ。毛づくろいでいつもキレイにしているんだから、アタシ達にお風呂は必要ないの。だってアタシ達のご先祖さまは砂漠に住んでいたんですもの。無理やり入れようとしたらガブッとかみつくから覚悟して。

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

著者名:ぼたん
保護施設を経て、今の飼い主と一緒に住み始めて5年目になる2010年春生まれのメスのねこ。人間で言うとアラフィフらしいけど、なんで人間の年齢に換算しなくちゃいけないのかしらね。
▶︎ぼたんの連載記事「家ねこ目線の温め術」はこちら。

ピックアップ記事

関連記事一覧