fbpx
  • HOME
  • TOP
  • Life
  • 約7割が意識する体の健康 「食」に続くトレンドは「運動」と「睡眠」!?

約7割が意識する体の健康 「食」に続くトレンドは「運動」と「睡眠」!?

Life

マイボイスコム株式会社が5月に男女10,276名を対象に行った「第五回 健康意識に関するアンケート調査」によると、健康に気をつけている人は67.4%で、2010年に実施した第二回調査から減少傾向が続いている。

健康面で力を入れているトップは安定の「食生活」

その中、健康のために力を入れている分野として、「食生活」が57.6%でトップ。下位は、「睡眠」、「運動」、「生活リズム」、「精神面」の順で続き、2016年の前回調査から順位は変わらないものの、より高い数値を記録しており、この4項目に対して意識している傾向が見られた。

健康意識、睡眠と運動、精神面の分野が急伸中

健康維持・促進のために行っていることとしては、前回から2.6ポイント下がったものの、「朝食を毎日食べる」がトップに。以下、「栄養のバランスを考えた食事をとる」「ウォーキング、ジョギングをする」「十分に睡眠をとる」などが続いている。とりわけ、前回調査より伸び率が高かったのは、「日常的に体重・体脂肪・血圧などを測定チェック」で3.2ポイントアップ。

健康維持・増進のために取り組む睡眠・運動・生活リズム・精神面における伸びが見られたことから、健康維持のために実践している分野としても、「十分に睡眠をとる」の睡眠、「ウォーキング・ジョギングをする」「ストレッチやヨガ、体操などをする」の運動、「ストレスをためないようにする」の精神面で高い伸び率となっている。

新たに始めたいこととしても、「ウォーキング・ジョギングをする」「十分に睡眠をとる」の2項目が上位に。一方、健康維持のために十分にできていないことでも、運動と睡眠の分野が上位にランクインする結果となった。

マイボイスコム(株)調べ

運動は、友達との「遊び感覚」がオススメ

「健康のために走る」となると、なかなか長続きしないもの。でも、健康のためではなく「たるんだお尻のため」とかなら長続きできるのではないでしょうか。

温育じかん編集室の私、現在、毎週土曜日の朝9時から、地元の有志のメンバーと一緒に体幹トレーニングを行なっています。始めてかれこれ3年ほど経過して思うのは、肩こりや腰痛も緩和し、正直、体調はとてもいいです。「たるんだお尻をどうにかしたい」と一緒に参加している友人は、ヒップアップにもつながったんだとか。

ジョギングやウォーキングなど、一人で始められる運動って、実は一人でもやめられる運動だったりします。

ジム通いが続かないという声をよく聞くのも、その一つかもしれません。だから、ウォーキングやジョギングを始められるなら、お友達と一緒に始めることを私はおすすめします。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧