6月6日芒種。のどの渇きを感じる前に水分補給

季節に合わせた温育ライフ
稲の植え付けや麦収穫の時節。気温が高くなり始め、新陳代謝もよくなりますが、ただその分汗をかいて体の中の水分が減るため、体内の水分バランスが崩れがちに。のどの渇きを感じる前に水分補給を心がけましょう。

夏の重ね着おすすめコーデ

夏の冷え対策は、蒸れにくい天然繊維の重ね着がおすすめ。加齢と共に体は冷えやすくなります。レッグウォーマーやレギンスなども活用して年齢に合わせた冷え対策をしましょう。絹と綿を交互に重ねるのがポイントです。

体を冷やさない水分補給法

水分を補給する際、冷たい飲み物だとダイレクトに内臓を冷やして、体全体の冷えにつながります。常温以上の温度の物を飲むようにしましょう。

心が冷えると体も冷える

心と体は常に連動しています。どちらも冷えた状態から脱することが心身ともに健康でいるための秘訣。例えば、カラオケで熱唱してストレスを発散したり、好きな映画を観て穏やかな気持ちになるなど、心のバランスを保ち、冷えを誘発させないように過ごしましょう。

爪もみでぐっすり快眠

爪の生え際には自律神経のバランスを整えるツボがあります。イライラ気分の時は、手や足の爪の生え際を指で揉みほぐしましょう。自然と体がリラックスしてきます。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧