• HOME
  • TOP
  • Life
  • 体と心の癒しに!植物のパワーを体に取り込む方法。

体と心の癒しに!植物のパワーを体に取り込む方法。

Life

植物の力を活かした「チンキ」というエキスがあるのをご存じですか? 薬酒として飲んだり、うがいや入浴にも使えたりする液体で、使うハーブや組み合わせによって、得られる効果が変わります。飲んでおいしい、作って楽しいチンキの魅力について、植物療法の専門家・池田明子先生に教わりました。

ハーブの有効成分がたっぷり摂れる!

「チンキ」とは、ハーブや果実などを主にアルコールを含む液に漬け込み、植物の有効成分を抽出させたエキス(液剤)のこと。お湯で有効成分を浸出したハーブティーでは主に水溶性の成分が溶け出し、オイルにハーブを漬け込んだ浸出油では主に脂溶性成分が溶け出すのに対して、チンキには水溶性と脂溶性、両方の成分が溶け出しているのが特長といえます。薬酒として飲む、うがいや入浴に使うなど幅広く使え、植物療法では健康増進や美容目的で頻繁に用いられるアイテムです。

植物療法とはフィトセラピーとも呼ばれ、アロマセラピーやハーブ療法などを含む、伝統的な自然療法。植物の力を用いて、人が本来持っている自然治癒力に働きかけ、心身のバランスを整えて生活や健康に役立てています。さかのぼること古代ギリシャ、古代エジプト時代から、人は体によい植物の存在を体験的・伝承的に知り、活用してきたのです。

なんで植物がよいの?

地に根を張って動かない植物は、直射日光や虫、菌などの外敵から身を守るため、色や香りなどの「フィトケミカル成分」をつくり出します。よく知られているのがポリフェノールやカロチノイド。人が植物を摂取すると多種多様なフィトケミカル成分が体内で相乗的に働き、心や体を整えるのに役立っています。

フィトケミカル成分の主な作用

抗酸化作用: 細胞を老化させる活性酸素の害を防ぐ

心理作用: 香りや色など五感を通じて記憶や心に働きかける

デトックス作用: 体内の老廃物、有害物質の排出を助ける

抗菌・抗ウイルス作用: 有害な菌類に抵抗し、常在菌のバランスを調整

生体リズム調節作用: 心拍、ホルモン分泌、睡眠、食欲などのリズムを整える

どんな効果が得られるの?

フィトケミカル成分には自律神経やホルモンバランスの調整作用があり、血行を促進させ、冷えの改善に役立ちます。ただし、その効果は医薬品よりもゆっくり。不調に陥ってからではなく習慣的に取り入れてみて。もちろんチンキで使うアルコールも血行促進に作用します。

飲用のタイミングや量にはご注意を。1日1回・5mℓ以下を目安に、食後や就寝前に飲みましょう。お湯割り、ソーダ割りなど飲み方のアレンジは自由です

次回は、ハーブチンキの作り方や飲み方についてご紹介します!

池田明子先生(いけだ・あきこ)
植物療法士、ソフィアフィトセラピーカレッジ校長、西九州大学客員教授。臨床検査技師として病院勤務を経験後、自然療法を学ぶ。2006年、植物療法士とハンドケアセラピストの養成校を設立。全国各地で講座を主催。近年は大学や専門学校と共に認知症予防や介護分野での有効活用の普及活動をしている。夫は俳優の梅沢富美男、2女の母。

 

お子様の食育に!地元の食材を使った「夏の自由研究に!温育野菜料理教室」に参加しませんか?
お申し込みはこちらから!

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧