• HOME
  • TOP
  • Eat
  • 温育習慣に欠かせない「みそ汁」を毎日飽きずに飲むアイデア。

温育習慣に欠かせない「みそ汁」を毎日飽きずに飲むアイデア。

Eat

洋食を食べる機会が増えている今、毎日みそ汁を飲む習慣がない人も多いことでしょう。でもこれって、温育的には「もったいない!」。日本の伝統的な食材である「みそ」は、体を温めてくれる食材。みそを一番手軽に摂れるのが「みそ汁」なのです。さらに、具材にかぼちゃやレンコンなどの根菜類を加えれば、温め効果がアップします!

「みそ汁は、具材を変えればアレンジの幅が広く、毎日食べていても飽きることがありません。野菜や海藻などの他、豆腐や卵、厚揚げなどを加えれば、タンパク質も一緒に補うことができます」と語るのは、管理栄養士の圓尾和紀先生。いつものみそ汁も、ちょっとアイデアを加えることでまた違った味わいに。だしやみそ、具材を変えればみそ汁の世界は無限大に拡がります!

圓尾先生おすすめ!まろやか豆乳ごまみそ汁の作り方

2種類のみそをブレンドし、豆乳を加えたまろやか仕立てのみそ汁です。

【材料(2人分)】

だし※1………………250〜300㎖

かぼちゃ……………..100g

ごぼう………………..60g

しめじ………………..1/2パック

無調整豆乳……………100〜200㎖

白みそ………………..大さじ1弱

信州みそ※2………….大さじ1/2

白いりごま……………適量

※1 昆布といりこ ※2 赤みそでもOK

【下準備】

かぼちゃを約1cm 幅に切る。

ごぼうをささがきにし、水にさらす。

しめじを食べやすいサイズに割く。

【作り方】

1)鍋にだしを入れ、火にかける。

2)だしが沸いたらかぼちゃ、ごぼう、しめじの順に入れて火を通す。

3)具材に火が通ったら豆乳を加えて火を止め、みそを溶き入れる。

4)白いりごまを指で潰し、適量を振りかける。

ぜひお試しください♪

圓尾和紀先生 まるお・かずき
管理栄養士。分子整合医学美容食育協会プロフェッショナル・ファスティングマイスター、同麻布支部支部長。日常を和服で過ごし、日本食を推奨する。SNSやブログを通して、食に関する情報を発信している。著書である『一日の終わりに地味だけ ど「ほっとする」食べ方』(ワニブックス)では、みそ汁レシピを多数掲載。

 

 

 

 

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育シンポジウム」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧