• HOME
  • TOP
  • Life
  • 冷えをケアしている女性が、老けない理由。

冷えをケアしている女性が、老けない理由。

Life

冷えと老化はひとつながり。「いくつになってもキレイ」でいるためには、温めが大切です。中医学博士の楊 さちこ先生にお話をうかがいました!

生活習慣の影響で老ける!?

久しぶりの同窓会で、昔は美人でモテた子が、ただのおばさんになっていた…。反対に、昔は目立たなかった子が、周囲よりも若くて、何だかキレイに。この違いは何だと思いますか? キレイに見える人というのは、恐らく昔からあまり変わっていない。つまり加齢変化が少ないのです。年齢を重ねれば誰だって体形も多少変わるし、シミやシワだって増えます。自分ではどうにもできない変化はありますが、どうにかできることもある。それが生活習慣です。加齢変化が激しい人は、例えば運動をやめていたり、生活リズムが乱れていたりして昔と生活週間が大きく変わっていることが多いです。

血液の巡りが悪くなると、皮膚も臓器も心も固まる

一方で、キレイになった人というのは、基本的に生活習慣があまり変わっていない。だから外見もあまり変わらない。40代、50代となるに従って、「変わらない」ことはとても大事になるのです。女性が加齢変化を最小限にするためには、冷えのケアも欠かせません。冷えると血液の巡りが悪くなり、皮膚も臓器も、心さえも「固まる」と私は考えています。流れる水が、氷になってしまうイメージが分かりやすいでしょうか。皮膚が固まればシワになる。表情だって硬くなる。固まることは、老化することと同じなのです。

固まらないように、温めを!

固まらないためにはお腹を温めて、胃腸の働きをよくしましょう。いくら体によい栄養を摂ったとしても、胃腸の消化吸収機能が悪ければ無駄になります。お腹の温めは、体の外側からは腹巻などを活用、内側からは食べ物を通して温めるのがよいです。ちなみに、体を温める食材の代表が「生姜」。香港ではほとんどの料理に生姜を使います。お嫁に行くと、生姜を刻むことから教わるそう。

何も努力をしなければ、加齢変化は加速するだけです。だから、変わらないために、ちょっとだけ頑張る。「ちょっとだけ」というのがポイントで、頑張り過ぎるとストレスになり、それが冷えにつながってしまいます。体を温めて老化予防! 食事や運動を毎日ちょっとだけ頑張って、「変わらない」ための生活習慣をつくっていきましょう。

中医学博士・南京中医薬大学教授
楊 さち子先生
よう・さちこ 1961年大阪府生まれ。中国の大学に留学中、自身の体験から漢方美容に目覚める。中医師の資格取得後も研究を続け現職に。中医学に基づく健康美についての講演を国内外で行っている。

お子様の食育に!地元の食材を使った「夏の自由研究に!温育野菜料理教室」に参加しませんか?
お申し込みはこちらから!

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧