自律神経を整えて「冷え」を撃退!春にオススメ味噌玉講座を開催。

温育ママカフェ

3月に入ってから、「今日は暖かいな」と思って出かけたものの、急に気温が下がって「寒いな」と思ったことってよくありますよね。「冷え」の原因の一つとされる自律神経の乱れは、1日の気温差が8度以上になると起こりやすくなると言われています。春は一年の中で、特に気温差が激しく自律神経が乱れやすい季節です。

そんな時期に温育ライフを上手く取り入れて冷え知らずの体作りを呼びかけるため、人気の味噌玉作りを、春色にアレンジした「春を感じる味噌玉づくり温育講座」が3月18日(月)、柏市の「本のたからばこ」で開催されました♪

テーマは「食」!春を感じる味噌玉づくり講座

まず、赤外線式体温計で参加者の体温を測定し、自分の体温を知ってもらうことからスタート。

前半はフリップボードを使った温育ミニ講座。「ライフスタイル10のチェック」から、ライフスタイルを見直していただき、暮らしと体の冷えの関連性についてお勉強。体温が1度上昇すると免疫力がアップすることに加え、この季節におすすめの

5.寒くても 三首温め 冷え知らず
6.冷蔵庫 扉開ければ しょうがあり 
7.湯につかり 子どもと楽しく バスタイム

の3項目について詳しくご紹介。

続いて、

 6.冷蔵庫 扉開ければ しょうがあり

を実践するワークショップ「春を感じる味噌玉作り」に移行。見た目も春らしさが感じられる具材として、桜でんぶ、梅麩、五色あられ(ぶぶあられ)、クコの実、ゴマ、切り干し大根、乾燥野菜と生姜の計8種類をご用意。

味噌は赤みそと白みそを用意し、自分好みの春の味噌玉を作っていただきました。

5歳程度のお子さまだと、1人で味噌玉を作ることができます。

真剣に味噌玉を作っている所がとても可愛らしかったです。

そして、赤みそ2個、白みそ2個の計4個の味噌玉が完成♡

皆さんそれぞれとても可愛らしい味噌玉で箱に入れてお持ち帰りいただきました。

最後に、全員で記念撮影し、砂山靴下さんからいただいたお土産「くつろぎカバーソックス」をプレゼント。参加者の方から「是非家でも味噌玉習慣を続けたい!」「味噌玉の保存期間を教えて欲しい」と楽しんでいただけました。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧