2月4日立春。まだまだ寒いですが…暦の上では、春のはじまりです。

季節に合わせた温育ライフ

暦の上では春。外気はまだ冷たいものの、この日からだんだん暖かくなっていきます。立春に、足の第4指(薬指)にある、全身に気を巡らせるツボ「竅陰(きょういん)」が開通します。

花柄やカラーストールで春先取り

まだまだ寒い日が多いこの時節は、カラーで春を取り入れましょう。花柄や明るめのカラーのストールが一枚あれば、防寒を兼ねながら春らしく華やかなスタイルを演出できます。季節感のあるアイテムで開運効果も。

花粉症予防に「明日葉の天ぷら」

材料(2人分):明日葉2本、卵小1個、片栗粉大さじ2、小麦粉2/3カップ/①明日葉は洗って食べやすい大きさに切る。②ボウルに卵と片栗粉と冷水を合わせて2/3カップくらいの量にして混ぜる。③よく混ざったら小麦粉を加えて混ぜる。④明日葉をボウルに入れて混ぜる。⑤170℃くらいの油で揚げる。⑤塩やつゆなど好みでつけていただく。

アレンジブランケットで体温調整

羽織り方やボタンをとめる位置を変えて、クッションや腰巻き、ポンチョなどにアレンジできるブランケットが人気を集めています。体が冷える部分に合わせて仕様を変えられるので、室内の体温調整に便利なアイテムです。

足から全身に「気」を巡らせる「薬指もみ」

立春の時節には毎日決まった時間(できれば23時がおすすめ)にあしの薬指をもむことにより、「竅陰」ツボが刺激され、全身に気が巡る。手の親指と人さし指で足の薬指をつまみ、力を入れずにグルグルと約10秒回す。さらに人さし指の爪の先で「竅陰」を約10秒押してみよう。これを9セット行うのが目安。

※竅陰・・・足の薬指の小指側にある、爪の生え際の角

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧