【開催レポート】総勢15組の親子が“温育ライフ”学ぶ@本のたからばこ

温育ママカフェ

2018年も残すところ、残り2週間ほどですが、皆さん、風邪などひかれていませんか。

師走に入って寒さも、ますます本格的になってきた12月14日(金)、柏市にある「本のたからばこ」では、温育アンバサダーたちが企画した「ママ子の温育ママカフェ」が開催されました。当日は、前半の「指編みマフラーづくり」、後半の「指編みミニリースづくり」の2本立てのプログラムに総勢15組の未就園児のママ子が参加し、一緒に“温育ライフ”について学びました。

普段は、柏市エリアにお住いのママたちが多い「温育ママカフェ」に、今回は市外からも来場くださっていました。ありがとうございます!

お子様には指編みマフラーで「三首の温め」を

参加者には生姜紅茶をサーブして温まっていただきながら、初回参加の10組の親子が揃ったところで温育ママカフェ「指編みマフラーづくり」をスタート!

ワークショップ講師を務めた温育アンバサダーの内田里夏さんが工程をステップ・バイ・ステップで実演しながら進行。編み方さえ覚えてしまうと、あとはお手のもの。手では編み物をしながら、温育アンバサダーの田中志津香さんが、子供の冷えを防ぐ「三首の温め」などのポイントを講義。最後は、指編みマフラーにフリンジを取り付けるアレンジまでマスター。ご家庭でも、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

指編みでクリスマスリースもお手の物!

続く、温育ママカフェ「指編みリースづくり」のワークショップでは5組の親子が参加。指編みマフラーづくり同様、温育アンバサダーの内田里夏さんが工程をステップ・バイ・ステップで実演しながら、参加者と一緒に実践する形式で進行、リースを編みこみました。参加者全員が基本的な編み方を覚えたところでタイムアップ。

帰り際には、指編みリースワークショップに参加してくれたママから「今日中に編みきります!」という声が聞けましたが、参加された皆さんは、最後まで編み終えることができたかな。

「子供は風の子も、元気な子も」今は昔。簡単に作れる指編みマフラーで、お子様の冷え予防の一つとして、ぜひ、取り入れてみてくださいね。

指編みマフラーの作り方は、第6回温育ママカフェで使用したこちらのレジュメをご覧ください!

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

著者名:温育チャレンジ編集室

みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧