冷房冷え対策に。茨城県つくば市で“養蚕業発祥の地”で絹のひざ掛け作り。

温育ママカフェ

地場の専門店とコラボで地域産業保護への啓発も

冷えに関する問題提起と改善に向けて企業共同で取り組む温育チャレンジは8月7日(火)、茨城県つくば市で母子を対象に「夏冷え対策」をテーマとした体験プログラム「真夏の温育ママカフェ~天然素材のひざ掛けで夏冷えを乗り切る」を開催します。
温育チャレンジが運営する「温育アンバサダー」が、つくば市で天然の真綿でつくった衣類・小物などを扱う専門店「和布工房はんてん屋」と共同実施するものです。つくば市は、“養蚕業発祥の地”とも言われており、養蚕は地域産業の一つとなっていますが、近年徐々に衰退傾向にあるのが現状。今回は、その保護を訴える活動も続ける同店代表の木村美希氏を講師に招き、真綿の特性について学びながら、「夏冷え」に効果的なひざ掛け作りのワークショップを行います。

 

ワークショップで製作予定の真綿を使ったひざ掛け(サンプル)

・実際に繭に触れながら、天然素材について学びます。

女性の約7割が感じる現代病「夏冷え」の解消に

現代の暮らしは、空調設備などの浸透により、快適な生活環境を実現していますが、一方で、夏になると冷房の効いた部屋やオフィスなどで冷たい飲食物を摂るなど、体を内外から冷やすような生活スタイルも広がっています。その結果、ある調査では、女性の約7割が「夏冷え」((株)オレンジページ調べ)を感じているという指摘もあり、「夏冷え」は女性の健康や、さらに子供も含めた体調管理にも少なからぬ影響を及ぼしていると推測されます。
温めるライフスタイル(温育ライフ)の実践を提案する温育チャレンジは、砂山靴下株式会社(本社:東京都葛飾区)、養命酒製造株式会社(本社:東京都渋谷区)、伊藤超短波株式会社(本社:埼玉県川口市)、株式会社ジャパンライフデザインシステムズ(本社:東京都渋谷区)の4社が、それぞれの強みをベースにして取り組むソーシャルプロジェクト。このつくば市での取り組みは、その各社の知見を地域の課題も踏まえながら夏冷え対策に役立てようというねらいです。

史跡の旧家を会場に真綿(絹)の特性を学びます

会場となる「つくばスタイル館」は、つくば市古来(ふるく)の旧豊島家住宅を移築した建物で、つくばならではの暮らし方を学ぶことを目的に地域住民に解放されている史跡。“養蚕業発祥の地”という伝承が残るつくばの地で、冬の冷え対策のみならず、夏の冷房対策にも効果的である真綿について学びます。

会場の「つくばスタイル館」の外観。

●プログラムタイトル:「真夏の温育ママカフェ~天然素材のひざ掛けで夏冷えを乗り切る
●講 師:宮内真由美(温育アンバサダー)
木村美希(和布工房はんてん屋代表)
●日 時:2018年8月7日(火)10時30分~12時30分(受付開始10時15分)

     ※イベントは11時30分まで。
●会 場:つくばスタイル館(茨城県つくば市葛城根崎160-2 研究学園駅前公園内)
アクセス つくばエクスプレス研究学園駅 南出口 徒歩5分
●定 員:15組(対象:親子)
●協 力:わた部(資料提供)
●参加費:無料
●お申し込み:「ままてぃ」サイト
https://mamatx.net/txinfo/onikumamacafetsukuba201808/

【ママカフェリリース】温育プレスリリース_0727

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧