fbpx

染めるだけではもったいない!ヘナの魅力について。その1

「住」温育ガールミミさんの住マイル日誌

温育ガールのミミです!
春に息子と花の苗を買ってプランターに植えたところミツバチが遊びに来るようになりました!なんとも心踊る風景です。
さて、今日のお話しはヘナについて。ヘナ染めをしてもらったIPMヘナトリートメントセラピストのみゆきさんに聞きヘナの足湯の残り湯をお花へあげてみたところものすごい勢で茎が伸び、花が咲き乱れています。不思議、すごいです!

藁ぼうきのような髪に限界を感じたどり着いたヘナ染め。

皆さんは、ヘナを知っていますか?
私は以前から、ヘアカラーの代替品としてのヘナの存在は知っていました。けれど美容院で話しをすると、鼻で笑われたり私自身も、なんとなく手間がかかるイメージを持っていて、なかなか手がでませんでした。3、4年くらい前のこと。縮毛矯正とヘアカラーで髪の毛がボロボロになってしまいやっと「どうにかせねば」という気が起きました。別にこのままでも死ぬ訳ではないけれどあの時は、本当に限界を感じたのを今でも忘れません。

頭皮も痒く、しょっちゅう頭を掻いていてそんな自分の仕草も嫌でした。若い頃から白髪が多い方なので染めない訳にもいかず…。そこから一気に髪と頭皮に優しいヘアカラーについて検索すること数日。たどり着いたのがヘナ染めでした。調べてみると、ヘナサロンが近所にあることも分かり、早速行ってみると…1回のヘナ染めで自分でしっかりと自覚できるほど髪の傷みの回復を感じたのです。
後にヘナについて調べたところこの回復は、ヘナをパックしたことでギザギザしていた髪がツルっとコーティングされた結果だということが分かりました。私がこれまで使った、どのトリートメント剤よりも髪の滑らかさの持続力が長いのがヘナ染めの大好きなところです!

ヘナ染めで髪と頭皮まで健やかに。

今、私がヘナ染めをしてもらっているのはhappinessのみゆきさん。
元美容師さんで現在はIPMヘナトリートメントセラピストとして活躍されています。ここでヘナ染めについて、ご紹介しますね。

ヘナリーフ

上の写真がヘナリーフパウダーをぬるま湯に溶かしたもの。オイルで頭皮をマッサージしてもらったあとこれを髪の毛と頭皮に塗っていきます。
ヘアカラーとの大きな違いは化学染料が入っておらず、植物を原料としているため、頭皮にべったりと塗れるというところです。
頭皮を健康に保ち、トリートメント効果が期待できます。20分おき、この段階で髪の毛はオレンジ色に染まります。

インディゴ

 

次にインディゴパウダーで、色の調整をしていきます。これも20分。はじめは深いグリーンになり、時間の経過とともに翌日には濃いブラウンに染まります。インディゴは、古くから藍染に使われているもので頭皮を清浄にし、髪に栄養を与えます。そして最後に数種類のハーブをブレンドしたハーバルブレンドパウダーを溶かしたお湯ですすぎ、ヘナを定着させます。みゆきさんはヘナ染めをしている20分の間にヘナの足湯を用意してくれます。出張で自宅に来てもらいヘナ染めをしてもらっているのですがこの時は、自宅にいながらサロン気分です。

ヘナは暑い国の植物ということもありどちらかというと、体を冷やすものとして紹介されていることが多いです。なので、ヘナで足湯をすると冷えるのでは?という疑問も出てくるところですが…。

次回は、ヘナの活用法を紹介しながら期待できる効果や「ヘナの足湯で冷えないの?」という疑問に迫っていきたいと思います!

ピックアップ記事

関連記事一覧