fbpx

今、必要な状態になれる 不思議なよもぎ蒸し体験。その2

「住」温育ガールミミさんの住マイル日誌

こんにちは、温育ガールのミミです。前回の続きよもぎ蒸しの後半です。蒸されていくにつれ、気持ちの変化が…。今でも忘れない、あの体感についてお届けします!

腰につたう大量の汗。これホントに汗?と疑うほど。

スチームでどんどん蒸されている間韓国のお茶で、体の中からも温まります。

香ばしくて飲みやすい、美味しいお茶でした。今回、頂いたのは「補陰茶」。体の潤い不足を補う効果が期待されるお茶です。40歳も半ばになろうという、このとき人生にも体にも潤いが欲しい私にピッタリ! アンチエイジング・美肌・皮膚や粘膜の潤いに
いいそうですよ。このお茶も韓国から買い付けてきたブレンド茶で女優の小雪さんも買って飲んでいるという人気のブランドだそうです。よもぎ蒸しの時間は30分間。後半には、腰あたりに汗がだーだーとつたってきます。
YUKO先生が途中、「しっかり汗かけてますね!」と確認してくれました。その汗の量は「ホント?」と思うほど沢山です。

汗の量に反比例しておこった気持ちの変化。

私、よもぎ蒸しに興味があり自分でも体験してみたくて。そして、私みたいに、興味あるけどやったことない人もいるだろうなあと体験記で紹介したくて、今回来たのですが…後半あたりから、喋りたくない。
メモ取りたくない。ぼーっとしておきたい。ぼーーーーー。(頭の中の感じ)となり、今やろうとしていることを
強制終了させられている感じになりました。大量の汗の一方で、気持ちはゆる〜く静かになっていくのです。自分でも、自覚があるんですが…取材となると、一気に全身が仕事モードに変換されます。
交感神経(緊張)がバリバリ優位になります。
しかし、今、仕事モードの交感神経優位のときによもぎ蒸しの影響で、副交感神経(リラックス)が活発になり

私①「おいこら、取材メモ取らなきゃ書けないぞ」
私②「そんなこと、今はどーでもいいよ」

体のなかは、天使と悪魔が会話をしているようです。
YUKO先生のお話は、共感できることも多くとても聞きたいんだけど、黙りたい。という、相反する私がいるような不思議な体験でした。体感は人それぞれ。必要な状態がおとずれる。私は、ぼーっとして、すごく緩む体感がありましたが、これは、皆さんがそういう訳ではないようです。全く逆で「スッキリした!」という方も多いそう。

YUKO先生によると「体験される方々を見ていたら、その人に必要な状態になって帰られる方が多いですよ」とのこと。普段、気が張っていたり、緊張が多い人は私のように、緩んだ状態になり、逆の人は「クリアになった」と実感されるそうです。

お股に生薬入りのスチームを当てただけなのにこの緩みは想定外でした。帰りの車の運転中も「緩んで胃るから気をつけなきゃ」と思うくらい、緩んでいる体感があり帰宅後、寝るまで続きました。お股が温まるってすごいなあ〜とまた今回も思いました。

よもぎ蒸しをしながら、YUKO先生が、お話してくださったことも交えつつ少しシェアさせてください。

自力整体を通じて、女性の心や体にも造詣が深いYUKO先生。

自力整体を通じて、女性の心や体にも造詣が深いYUKO先生。
今、働いている女性は、「女性」のスイッチをオフにしなければならない場面が多く、そうなると仕事モードの私のように、気が張り詰め「気」が上がってしまいます。よもぎ蒸しを含め、子宮を温めるという体験を経て私は、緩むことの気持ち良さを知りました。と、いうより、気づいたんですね。子宮を意識するようになりました。「今まで放っておいてごめんね、子宮ちゃん」。子宮が温まることで気は下りていき、「まあ、いいか」という大らかな気持ちになれる。そのマインドこそが、女性が持っている素晴らしさで女性こそが持てる大きさで。時間も気持ちも忙しい今だからこそ「まあ、いいか」のエッセンスを入れることで世の中は今より楽になっていくかも!と。だから、女性は「本来の女性」をもう一度呼び起こして(オフのスイッチをオフして)そのままの自分(女性)でいるだけで、それだけで家族を、友だちを周りの人を、もしかしたら世の中までをも幸せにできるのかも!

お話のスケールが大きくなってしまいましたが、社会も私たちも緩むくらいが今はちょうどいいのかなとそんなふうに思ったこの頃です。
(今度は完全プライベートで行こーっと)
ではまた!

「ヒーリングスペースひだまり」

アロマ足湯10分+よもぎ蒸し30分
一般:2800円
自力整体正会員:2300円
H29年4月より料金改定予定。
詳しくは「ヒーリングスペースひだまり」で検索してください。

著者名:ミミさん
20代から30代、仕事中心の不規則な生活を謳歌した後、30代後半で出産。ある時、子どもの不調について調べていたつもりが、いつの間にか自身の不調(こころ・からだ)と向き合っていることに気づく。現在冷えと履歴5年オーバー。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

ピックアップ記事

関連記事一覧