fbpx

酵素風呂で体感した私史上、最高の爽快感!その1

「住」温育ガールミミさんの住マイル日誌

こんにちは、温育ガールのミミです。もう2月ですね。
寒いなかにも、小さな春を感じる季節です。私は毎朝起きたら窓を開け外の空気を吸い込むのですが朝の空気にも、春の気配を感じますよ。鳥の鳴き声ひとつとっても、軽やかなリズムに変化してきているような…そんなこの頃です。

さて今日は、寒いけど今から新しい季節を迎えようというこの時期にぴったりでもちろん、冷えが気になる時にも持ってこいの酵素風呂について紹介します。少し前に、歌舞伎役者の市川海老蔵さんが癌で闘病中の妻、小林麻央さんのために酵素風呂を作ってあげたと言う話しが話題になっていましたね。酵素風呂には、そういった闘病中の方が多く通われているそうで、今注目の温熱療法です。

米糠100%のお風呂でお肌もツルルツに!

今回紹介するのは、世田谷区祖師ヶ谷大蔵にある「酵素世田谷」。
独身時代、近くに住んでいたこともありウルトラマン商店街を懐かしく歩きました。

お店に入ったら、お客さんの姿があり、その方が店主かと思いきやお店の奥から「こんにちは、水野さん」と出てこられたのが店主の菊地さん。次から次に来店される、お客さんの浴槽の準備に休む暇もない様子です。しばらくお待ちくださいと、水素水でいれたお茶を出してもらい、待合室で待つことに。

ここが待合室。左の扉を開けると酵素風呂のお部屋。

酵素は生きているので、時間勝負なんだということは入ったあと、よく理解できました。
「お待たせしてごめんなさいね」と言いながらやってきた菊地さんからまずは酵素風呂の説明を受けました。一般的な酵素風呂は、毎日酵素菌を足しながら発熱を促しているそうですが、こちらでは米糠を足してその細胞分裂により、酵素が働き発熱していくという仕組みだそうです。

左が入れる前の米糠。右は細胞分裂を繰り返した米糠。

左が入れる前の米糠。右は細胞分裂を繰り返した米糠。そのために菊地さんは毎日、米糠を足し大きなショベルで浴槽の中をかき回しているそう。特別に作業しているところを見させて頂きましたが、結構な重労働です。

米糠はビタミン・ミネラル類が豊富で入浴後、お肌ツルツルに!

酵素の効き目はだいたい3日間くらいで症状の緩和を目的で来られる方は、3日を目安に来店されるそうです。酵素は、人間が生きていく上で不可欠なものでそれを毛穴から取り込むことで免疫力や自然治癒力を高めていきます。酵素や米糠のお話しを聞いたあと浴槽への入り方を教えてもらい、いざ入酵です!
ドキドキの入酵のレポートは、次回お届けします!

酵素世田谷

入酵料:3,240円(税込)
※初回は「HP見た」の合言葉で500円割引
詳しくはHPをご覧ください。

著者名:ミミさん
20代から30代、仕事中心の不規則な生活を謳歌した後、30代後半で出産。ある時、子どもの不調について調べていたつもりが、いつの間にか自身の不調(こころ・からだ)と向き合っていることに気づく。現在冷えと履歴5年オーバー。

【参加者募集中】
サッカー元日本代表・鈴木啓太氏をゲストに「温育のつどい in 柏」開催!

キネマ旬報シアターで11月24日(日)、サッカー元日本代表として第一線で活躍し、現在、「第2の脳」と呼ばれる腸の働きを研究するAuB株式会社の代表取締役を務める鈴木啓太氏をお招きし、冷えと腸内細菌と発酵のおいしい関係に迫ります!お申し込みは、こちら

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

ピックアップ記事

関連記事一覧