fbpx

夏の冷え対策は食事から。体をポカポカにする、酒粕のはなし

「食」糀で温育。

8月に入り、夏本番! 夏バテ対策は万全ですか?

暑いからといって、冷房が効いた部屋で冷たいものばかり食べていると、胃腸機能が低下し、食欲不振、疲れがとれないなど“夏冷え”による、不快な症状を引き起こします。そんな夏にこそ、ぜひ積極的に摂って欲しい食材が「酒粕」です。

血流アップには酒粕がおすすめ

酒粕ときくと、日本酒の残りカス、出がらしといったイメージを持たれがちですが、そんなことはありません。じつはたんぱく質やビタミンB 群、葉酸、パントテン酸、ミネラルなどの栄養素がバランスよく含まれている優秀食材なのです!

また、最近の研究では、『酒粕のたんぱく質を分解処理して生じたぺプチドに、冷え症の血流改善効果があることを確認』(月桂冠総合研究所HPより抜粋)されるなど、酒粕の血流アップ効果に注目が集まっています。

夏バテや夏冷えが気になる夏こそ、体の末端まで温めながら、栄養チャージもできる酒粕がおすすめなのです。

最近はスーパーなどでも手軽に買うことができるので、普段の料理に酒粕をプラスしてみてはいかがでしょうか? 冷房による、末端の冷えが気になるこの時季こそ、酒粕を使ったレシピで体の芯から温めましょう。

★簡単にできる温育レシピ★

酒粕には多少のアルコールが含まれているため、お子さまやお酒が飲めない方がいる場合は、しっかりお鍋で加熱し、アルコール分を飛ばすことを忘れずに。余った酒粕は、密閉して冷凍保存も可能です。

イメージです。

今回「酒粕」と合せる温育食材はコチラ!

◆味噌
発酵食品である味噌には、たんぱく質をはじめビタミンB2などのビタミン類、カリウム、カルシウムなど様々な栄養成分がバランス良く含まれています。

<粕汁風お味噌汁>

材料:野菜…適量/味噌…大さじ2と1/2/酒粕…大さじ1/だし汁(だしパックなどでOK)…500cc/薬味ネギ…適量

つくり方
 ①だし汁にお好みの野菜を加えひと煮立ちさせる。
 ②酒粕を入れ溶かしたら、火を止め味噌を加える。
 ③最後にネギを散らして完成。
★生姜を加えるのも◎。より温め効果が期待できます。

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧