fbpx

実践!10の《温》体質習慣 その10 痰はしっかりと体の外に出しましょう

楊さちこの冷えとり温育じかん

〜実践!10の《温》体質習慣 その10〜

(2015年3月14日温育チャレンジイベントより抜粋)

実践!10の《温》体質習慣

「体を温める」を生活習慣にして《温》体質に。ルールが厳しそう・・・と思っているならご安心を。毎日の生活にすぐに取り入れられる、とっても簡単な“お約束”ばかりです。3段階の冷え度別のお約束度も参考にして下さい。

<お約束度>
★  とりあえず全員試して
★★ 冷え度2以上の人はぜひ
★★★冷え度3の人はぜひ実践を

冷えは万病のもと、お約束度★★★の方におすすめにぜひ取り入れていただきたい温育習慣はこちら。

★★★の人はぜひ、実践してみて

咳をするのは体によくないと思ったことはありませんか?なんと実は、これが「温かい体づくり」につながるのです。肺は、息を吐くことで体の中の毒素を体外に排出しています。けれど、肺は呼吸によって空気中の細菌や毒、ほこりなどの有害物質を取り入れてしまうので、体の中で一番、有害物質をためやすいところ。そこでわざと「から咳」をすることで、肺の中の有害物質を吐き出すのです。異物を体の中にためないことで免疫力が高まり、体の巡りもよくなって、冷えにくい体質に整えます。からまる痰を吐き出す気持ちで、思いっきりゴホッとしてみましょう。

痰を出すことで、肺の熱が取れ、代謝が高まります

子どもはあまり痰が出ませんが、高齢になると痰が出やすくなります。これは年齢を重ねると、肺に熱がたまって痰ができやすくなるから。肺に熱がたまると代謝が落ちるので、痰を出して熱を取ることは、「温かい体づくり」に効果的といえます。

【お知らせ】
楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト-レピーク-より、『中医美容博士・楊さちこ直伝:漢方美容で、365日ずっとキレイ』ただ今、週5日(月~金)好評無料発行中!キレイと元気の極意を《1日1コラム》にまとめました。「読むおクスリ」としてご利用ください。ご登録は、楊さちこのアジアンビューティースタイル公式サイト -レピーク-

(C)sachiko yo 2015, All Rights Reserved.

二十四節気の養生訓をお伝えする温育メルマガのご案内

こちらから温育メルマガ会員に登録すると、季刊発行の健康情報誌『セルフドクター』が今なら登録者全員にもらえます!ぜひ、ご登録ください!

text by 温育チャレンジ編集室
みんなの冷えの問題にアプローチする温育チャレンジ編集部
▶︎温育メルマガ会員募集中!お申し込みはこちらから。今なら登録者全員に季節の健康情報が学べる健康情報誌『セルフドクター』(季刊発行)をプレゼント!
▶︎ツイッターやってます!ぜひ、一緒に始めましょう!
▶︎温育チャレンジ編集部の最新記事はFacebookアカウントを「いいね!」でチェック。
▶︎インスタグラムもやってます。

ピックアップ記事

関連記事一覧